トップ生活安全部サイバー犯罪対策課>ネットワーク防犯対策

 コンピュータ・ネットワークを利用した犯罪の防犯対策 EHIME POLICE

○コンピュータネットワークを利用した犯罪の防犯対策
  • パスワードの管理を徹底し、他人に推測されやすい語句や誕生日などを使用しない。
  • インターネットなどで、不用意に電話番号やパスワードを入力しない。
  • 電子メールの添付ファイルなどで、誰から来たのかわからないファイルを開かない。

インターネットオークションを利用した詐欺に注意
  インターネットオークションを利用した詐欺事件が多発しています。
  詐欺の手口には、
  • 新型パソコンや有名ブランド時計などをオークションに出品し、落札した人と電子メール等で連絡をとりあい、 犯人は指定の銀行口座へ金を振り込むように指示します。しかし、代金を振り込んでも商品は送られてこず、その後は相手と連絡が取れなくなる。
  • 犯人から「実は、落札者様とお取引を進めさせて頂いていたのですが、 突発的な都合でキャンセルして欲しいとの申し出を受けました。ただ、評価に『悪い』がつくのを避けたいということで、 自分以外の入札された方の入札金額との差額分を自分が負担するということでした。あなたの入札額で お取引できるようでしたらご連絡をいただけないでしょうか」などという内容のメールがきて、 取引をすることにしてメールのやりとりをし、代金を振り込んだが品物が送られてこないし、連絡も取れなくなる。
 などいろいろなものがあります。

詐欺被害の防止対策
○確実な連絡先を確保する!
 電子メールだけのやりとりは危険です。犯人は無料のWEBメールサービス(フリーメール)を利用している場合が多いからです。
 フリーメールは身元を明らかにせずに誰でも簡単に作ることができます。ですから、メールアドレスが分かっていても犯人を特定することは困難です。
 また、最近は携帯電話にも使い捨てのタイプや他人名義の物があるので連絡先としては不十分です。
 相手の身元を確認するためには、次のことが必要です。
  • 相手の住所宛に往復はがき等を出して確実に相手がその場所に所在しているかを確認する。
  • 相手の自宅や職場の電話番号がわかれば電話をかける。
    (電話取次の専門業者もあるので本人か否かの確認にも注意が必要です。)

○代金の支払いは慎重に!
 詐欺に遭わないためには、相手と直接面接して品物と代金を交換することが確実な手段ですが、 取引相手が遠方の場合が多く、そうはいきません。
 商品が届いてから代金を支払うなど、支払いには注意が必要です。
 代金の支払いは架空名義で作った銀行口座もあるので、銀行振込以外の現金書留や代金引換配達などを有効に利用しましょう。
 代金を先に振り込むように指示があった場合は、商品の写真や保証書、製造番号等を確認するのも有効な手立てです。
 オークション詐欺等に利用された口座については、トラブルがあった口座として、オークションサイトに載っている場合があるので、口座を確認することも大切です。
  • 安易に取引に応じる返信をしない。
  • 通知メールの商品詳細画面から自分が補欠落札の権利があるか確認後に取引をする。
  • オークション以外の取引には応じない。
  • オークションを利用する場合には、注意事項をよく確認する。

ワンクリックサイトで料金を請求された
 インターネットのホームページを見ていて、ワンクリックしただけなのに突然「契約されました。
 登録料金80,000円を振り込んでください。」というような画面が出れば、誰もが驚くことでしょう。
 しかし、こういった相談事案が多発しています。アダルトサイトや出会い系サイトなどを閲覧しているときが多いようで、  「無料でアダルト画像が見れます。」などのリンクボタンをクリックしたりすると、このような画面が出てくることがあります。
 また、メールからそのページに行った場合には、その後、メールで支払いの催促がくることがあります。

○防止対策
  • サイトの規約をよく読んでからクリックするようにする
  • メールで送られてきたアドレスを安易にクリックしない
  • 住所、氏名、電話番号などの入力画面があっても安易に入力しない

○料金の支払い策
  • 料金の確認画面が表示され、規約等の確認画面があってクリックすれば料金を支払う必要があります。
  • 通常は確認画面がないので、その場合には電子消費者契約法による契約は成立しないことから、料金の支払い義務はありません。

オークションで自分のIDを勝手に使われた
 「オークションに出品してもいないのに自分のオークションIDで出品された。」という相談が増えています。
 これは、犯人がIDとパスワードを入手したからです。犯人は、そのIDを使用し、IDの持ち主が出品したように装い詐欺をするのです。
 パスワードの入手方法は、IDから推測する方法やフィッシングと呼ばれる方法などがあります。
 フィッシングは、犯人がメールを送るなど、何らかの手口でID、パスワード、  クレジット番号などを入力させるページに誘導し、そのページの画面で情報を入力させ、情報を入手する仕組みです。
○防止対策
  • IDから推測されるパスワードやメールアドレスを使わない
  • メールが送られてきた場合には、相手を確認し、安易にURLをクリックしない
  • 信用できるサイト以外では、個人情報を入力しない
    (信頼できるサイトは、個人情報入力画面のアドレスが、https://となっている。)

インターネットの掲示板に誹謗中傷の書き込みや、自分の住所、名前や電話番号を載せられた
 最近、インターネットの掲示板でのトラブルが多数発生しています。
 インターネット上は匿名性が高いからといって、相手を傷つけたりする書き込みなどはしないようにお願いします。
○対策
  • 不用意に自分の個人情報を相手に教えたり、掲示板に書き込んだりしない
  • 掲示板で議論になった場合は、落ち着いて、冷静に行動すること
    (少し時間を置いてみること)
  • 信用できるサイト以外では、個人情報を入力しない
    (信頼できるサイトは、アドレスが、https://となっている。)
 掲示板の管理者の方は、アクセスログをとったり、プロキシ経由での書き込みを制限するなどの対策をお願いします。
 また、個人情報の書き込みなど悪質な場合は、すぐに削除するなどの対応も併せてお願いします。

戻る
〒790-8573 愛媛県松山市南堀端町2番地2 アクセスマップ 代表電話:089(934)0110
Copyright(C)1996 Ehime Prefectural Police Department. All Rights Reserved.