文字サイズの変更サイトマップサイトポリシー
愛媛県警察
事件・事故速報不審者情報防犯で安心犯人手配運転免許各種手続き各部門
トップ交通部交通企画課>自転車の通行方法




自転車の違反に関するページはこちら

 自転車は、歩車道の区別のある道路では、車道を通行しなければなりません。 ただし、普通自転車は、次の場合には歩道を通行することができます。
道路標識や道路標示によって歩道を通行できる場合
運転者が児童(13歳未満)、70歳以上の高齢者、身体障害者であるとき
通行の安全を確保するために、歩道を通行することがやむを得ない場合

 歩道を通行するときは、次の事項を守らなければなりません。
通行指定部分がない歩道は車道よりを徐行して進行する。 歩行者の通行を妨げることとなる場合は、一時停止する。 通行指定部分がある歩道は、その部分を徐行する。ただし、歩行者がいない場合は、安全な速度と方法で進行できる。

 直進または左折の方法
自転車は車両用灯器に従って通行する。 車道通行時には車両用灯器に従って通行する。
横断歩道を通行する場合は歩行者用灯器に従って通行する。
自転車横断帯があるときは、歩行者・自転車専用信号機に従って通行する。
 右折の方法
自転車横断帯がなく、信号機のある交差点では、自転車は車両用灯器に従い、二段階で右折する。 自転車横断帯がある交差点では、歩行者・自転車専用信号機に従い、二段階で右折する。 自転車横断帯も信号機もない交差点では、交差点の内周を外大回りで右折する。




@自転車は、車道が原則、歩道は例外 A車道は左側を通行 B歩道は歩行者優先で、車道よりを徐行
道路交通法上、自転車は軽車両と位置づけられています。したがって、歩道と車道の区別があるところは車道通行が原則です。 自転車は、道路の左側に寄って通行しなければなりません。 歩道では、すぐに停止できる速度で、歩行者の通行を妨げる場合は一時停止しなければなりません。
C安全ルールを守る
■飲酒運転は禁止 ■二人乗りは禁止 ■並進は禁止
■夜間はライトを点灯 ■信号を守る ■交差点での一時停止と安全確認
D子どもはヘルメットを着用
児童・幼児の保護責任者は、児童・幼児に乗車用ヘルメットをかぶらせるようにしましょう。




自転車に関するチラシの印刷はこちらから ↓
 自転車の通行方法チラシ
 正しい自転車の乗り方チラシ
 自転車事故チラシ
 自転車安全利用五則チラシ
 自転車のルールチラシ
自転車ルール等に関する問題にチャレンジ ↓
 自転車のルール・標識問題
 自転車のルール・標識問題(解答編)
自転車の違反に関するページはこちら↓
 自転車は車の仲間です!






戻る


〒790-8573 愛媛県松山市南堀端町2番地2 アクセスマップ 代表電話:089(934)0110
Copyright(C)1996 Ehime Prefectural Police Department. All Rights Reserved.