トップ生活安全部生活安全企画課人身安全対策室>ストーカーに対する自己防衛策

人身安全対策室

ストーカーに対する自己防衛策

一人で悩まず、警察や信頼できる人に相談しましょう!

◎ ストーカー被害でお悩みの方は、携帯電話の履歴やメモなど証拠物件を持参し(なければ、なくてもよい)、相談者(被害者)がお住まいになっている所の警察署生活安全課(係)または警察本部人身安全対策室にご相談下さい。

自己防衛策

1 「つきまとい」、「待ち伏せ」、「立ちふさがり」、「見張り」、「押しかけ」

  • 一人では行動しない。
  • 外出はタクシー等を利用する。
  • 防犯ブザーを携帯する。
  • 携帯電話は、いつでも110番できるようにしておく。
  • ドアは、二重鍵とドアスコープを付けておく。

2 監視している旨を告げる等の行為

  • 状況・内容をメモするなどして警察に相談する。
  • 窓のカーテンは厚めのものを使用し、在宅中はきっちり閉める。
  • 郵便受けに郵便物を置いたままにしない。

3 面会・交際その他義務のないことを要求する行為

  • はっきりと拒否の姿勢を示す。
  • 信頼のおける人に相談し、一人では相手と会わない。

4 著しく粗野又は乱暴な言動をする行為

  • 常に防犯ブザーを携帯する。
  • 危険を感じたら助けを呼ぶ。
  • 相手の言動をメモしておく。可能であれば録音しておく。

5 「無言電話」、「拒否した後も連続して電話・ファクシミリ・電子メールを送信する」行為

  • 「警察に訴えます。」とはっきり拒否の姿勢を示す。
  • 着信拒否をする。
  • 電話会社に相談する。
  • ナンバーディスプレイ付きの電話を設置する。 
  • 履歴を残しておく。

6 汚物や動物の死体を送付する行為

  • すぐに警察に連絡する。
  • 届いた時間と内容等をメモする。
  • 送り主の不明な物などは受け取りを拒否し、開封せずに送り返す。

7 名誉を害する事項を告げ、又はそれを知ることのできる状態に置く行為

  • 個人情報の管理を徹底する。
  • 中傷ビラ、インターネット上での誹謗、メール等は全て保存する。

8 性的羞恥心を害する事項を告げ、又は性的羞恥心を害する文書・写真等を送付する等の行為

  • 住所、電話番号、メールアドレス等の個人情報の管理を慎重にする。送りつけられた物を全て保存する。
戻る

〒790-8573 愛媛県松山市南堀端町2番地2 アクセスマップ 代表電話:089(934)0110
Copyright(C)1996 Ehime Prefectural Police Department. All Rights Reserved.