トップ生活安全部生活安全企画課「防ごう犯罪 守ろう愛媛」〜被害に遭わないために〜>痴漢やわいせつ犯罪から身を守るための自己防衛対策

痴漢やわいせつ犯罪から身を守るための
自己防衛対策

一人暮らしの女性を狙った痴漢やわいせつ犯罪が増えています。このような犯罪から自分の身を守るための対策として、次のことに心がけましょう。

尾行対策

尾行や下見については、それ自体が犯罪というより、性犯罪等の準備行為であるといえます。被害を予防するため、次の習慣を身につけましょう。

勤務先や学校から帰るとき

  • 学校や会社を出るときは、周囲に不審者がいないか警戒する癖をつける
  • バスや電車を利用する場合も昇降時に周囲を警戒する
  • ひとりで帰らず、できるだけ複数の者と行動をともにする
  • 不安な場合は、送ってもらうか、タクシーを利用する

帰宅途中

  • 通勤・通学の時間やコース、バスや電車の駅を変えるなど行動パターンを読まれないようにする
  • 防犯ブザー等の防犯器具を身につけておく
  • できるだけ明るく人通りの多い道を選ぶ
  • 不審者が尾行していないか後ろを確認し、ついてくる場合は付近の通行人に助けを求める
  • 車を運転する場合は、バックミラーで不審な車が尾行していないか確認する
  • 不安に感じる場合は、コースを変えて尾行されていないか確認し、それでもついてくる車等があれば、近くの交番や知り合いの家に逃げ込み、助けを求める

自宅付近

  • いきなり自宅に帰らず、自分の居住区域に入った段階で尾行をチェックする
  • 例えば
    曲がり角を曲がってから、立ち止まったり、逆行してみる
    大きなウィンドガラスの前に立って、ガラス越しに自分の後ろを確認する
  • 事前に家族等に連絡し、家の近くまで迎えに出てもらう

居住空間の対策

自宅に帰ったとたん、安心して注意を怠ったため、おそわれたという事例も多くあります。一般的に女性は、外出時には尾行されていないか警戒しても、帰宅した時や家にいる時は、安心して注意を払わない傾向があるようです。ホッとして、気を抜いた瞬間におそわれるケースが多いことから、次のことに注意しましょう。

玄関

  • 玄関を開けると同時に犯人に押し込まれることがあるため、玄関を開ける前に必ず周囲を確認する
  • いつでも作動するように、あらかじめ防犯ブザーを準備しておく
  • 物陰等に不審者がいる場合は、110番したり大声を出して近隣に助けを求める
  • ワンドア・ツーロック以上の鍵を取り付け、ピッキング対策やサムターン回し防止のための対策をしておく
  • ドアチェーンやドアスコープをつけ、訪問者があってもいきなりドアを開けない
  • 宅配業者等であっても、知らない訪問者には必ずドアチェーンを掛けたまま対応する

自動扉・エレベーター

  • オートロック式の共同玄関があるマンションは、オートロックが開いているわずかな間に一緒に入られるケースもあることから、必ずその手前で周囲を確認する
  • エレベーターの中は密室であり、エレベーター内でおそわれるケースがあることから、乗降時には特に注意し、場合によっては階段を利用する
  • 知らない異性と2人で乗るのは避け、同性の人と一緒に乗るようにする

  • 薄いカーテンは中の様子が容易に分かり、特に、夜間は明るい家の中の様子がよく分かるため、厚手のカーテンをつける
  • 自宅に帰ったら、カーテンを閉め外から家の中の状況が分からないようにする
  • ワンドア・ツーロックを基本とし、2階以上の窓でも開けっ放しにしない

その他

  • 女性の一人暮らしの場合は、表札や郵便受けに男性の名前を併記し、一人暮らしであることがわからないようにする
  • 干し物に男性の服や下着を混ぜたり、見える場所に男物のサンダルを置いておく
  • 週に何日かは、室内の電灯やテレビ等をつけたまま外出したり、タイマーで帰宅時間より早い時間から明かりが点るようにするなど、同居者がいるように装う
  • 女性の一人暮らしは、防犯上の環境が優れた地域や建物を選び、できる限り1階は避ける
  • 表札やドア、その周辺に「○、×、123」など一定のマークを付け(マーキング)、それを目印として仲間に情報を伝達したり、犯罪に利用するといったものもあることから、マーキングを見つければ、直ぐに消しておく
戻る

〒790-8573 愛媛県松山市南堀端町2番地2 アクセスマップ 代表電話:089(934)0110
Copyright(C)1996 Ehime Prefectural Police Department. All Rights Reserved.