トップページ>公安委員会とは



 関連リンク

公安委員会とは


会議の様子

公安委員会制度の目的や役割は?

都道府県公安委員会とは、地方自治法の定めにより都道府県に設置される行政委員会で、都道府県警察の民主的保障を全うするために、住民を代表する合議制の機関として置かれたものです。


合議制の公安委員会の構成は?

愛媛県公安委員会は、県知事が県議会の同意を得て任命した3名の委員で構成されています。
 委員の身分は、特別職に属する非常勤の地方公務員です。委員の任期は3年で、再任も認められております。また、委員長は、委員の互選で選出し、その任期は1年となっております。

公安委員会の権限は?

愛媛県公安委員会は、愛媛県警察本部長を通じて愛媛県警察を管理し、愛媛県警察本部に補佐をさせながら業務を行っております。
法律に基づく権限の具体的な例としては、

  • 警察活動の細目に関する規則の制定
  • 警察庁や他の都道府県に対する援助の要請
  • 地方警務官の任免に関する同意
  • 交通規制や運転免許の交付等
  • 風俗営業、古物営業、質屋営業の許可等
  • 銃砲刀剣類の所持許可等
    挙げられます。

公安委員会は、平素どんな活動をしているの?

公安委員会は、毎月第1・第2・第4水曜日に定例の会議を開いております。このほか、必要があるときは、随時臨時の会議を開きます。
会議では、愛媛県警察の運営方針や、それを踏まえた警察の各種施策のほか、毎日のように発生する事件・事故等への取組状況などの報告があり、公安委員会としての意思を決定し、意見を申し述べ警察の業務運営に反映させています。

また、公安委員会は、法律に基づき、交通規制の実施決定の事務や、自動車の運転免許、風俗営業・銃砲刀剣類等の許可の停止・取消し、及び暴力団の禁止行為に対する命令のための「意見の聴取」等も実施しております。
このほか、

  • 県議会への出席
  • 警察署長会議での訓示
  • 警察学校初任科生入校式・卒業式での告辞
  • 警察関係術科大会への督励
  • 警察署の活動状況の視察
  • 交通取締り現場、防犯活動現場の督励

等を行っております。