○検視官室組織及び運営規程

平成24年3月27日

本部訓令第10号

検視官室組織及び運営規程を次のように定める。

検視官室組織及び運営規程

(趣旨)

第1条 この訓令は、愛媛県警察組織規則(平成17年公安委員会規則第3号)第78条の規定に基づき、検視官室の組織及び運営に関し、必要な事項を定めるものとする。

(所掌事務)

第2条 検視官室は、異常死体に係る犯罪死の見逃し防止及び適正な死因究明を図るため、死体及び現場の見分並びに環境捜査等の犯罪性を判断するための各種捜査を行うとともに、次に掲げる事務をつかさどる。

(1) 変死体の検視及び見分に関すること。

(2) 犯罪死体の見分に関すること。

(3) 検視・死体見分に関する教養の計画及び実施に関すること。

(組織)

第3条 検視官室の組織は、別表のとおりとする。

(分室)

第4条 検視官室に東予分室及び南予分室を置き、東予分室に検視官及び検視第四係を、南予分室に検視官及び検視第五係を配置する。

2 東予分室の事務所は西条署庁舎内に、南予分室の事務所は宇和島署庁舎内に設置する。

(連絡協調)

第5条 捜査第一課長は、各所属長及び関係機関・団体と常に緊密な連絡協調を図り、検視官室の事務が積極的かつ効果的に推進されるよう努めるものとする。

(補則)

第6条 この訓令に定めるもののほか、検視官室の運用に関し必要な事項は、捜査第一課長が定める。

附 則

この訓令は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成27年4月1日本部訓令第14号)

この訓令は、平成27年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

画像

検視官室組織及び運営規程

平成24年3月27日 本部訓令第10号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第5編 事/第1章
沿革情報
平成24年3月27日 本部訓令第10号
平成27年4月1日 本部訓令第14号