愛媛県留置施設視察委員会

1 趣旨

平成19年6月1日施行の「刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律」に基づき、留置施設の運営について、透明性を高め、被留置者の適正な処遇を確保するため、留置施設を視察し、その運営に関し意見を述べる部外の第三者からなる機関として設置されています。

2 委員会の組織

(1) 委員数

委員は、法律や県条例の規定により、4人で組織されています。

(2) 条件、任命

委員は、人格識見が高く、かつ、留置施設の運営の改善向上に熱意を有する者のうちから、公安委員会が任命します。

(3) 任期

任期は、1年ですが、3回に限り再任することができます。

3 活動内容

平成25年度中は、4回にわたり委員会を開催し、愛媛県内の全留置施設(14施設)を視察して、希望する被留置者と面接を実施しています。

4 意見等

平成25年度中に開催された愛媛県留置施設視察委員会において、留置施設の視察や、被留置者と面接の結果を踏まえ様々な協議が行われましたが提出された意見はありませんでした。


戻る