トップ > 各警察署 > 西条警察署 > 警務課 > 留置されている人への面会、差し入れについて


留置されている人への面会、差し入れについて

1 申し出と受付
 留置事務室は本署3階にありますが、必ず1階の警務課に面会・差し入れに来られたことを言ってください。
 直接3階留置事務室に来られても、窓口に係の者はいません。
 留置されている方(被留置者)は、護送で庁舎外に出ていることもありますし、取調べを受けているため、待っていただく場合があります。
 面会等の受付は、
平日(土・日・祝日・年末年始等の閉庁日を除く)
 9:30~11:00
13:30~16:00
となっています。
 面会等の際は、身分を証明できる物を呈示していただきます。(免許証、パスポート、健康保険証、外国人登録証など)
 以前に来られたことのある方も、毎回確認いたします。


2 面会について
 面会は、被留置者1人につき
1日1回、3人まで同席可能
面会時間は15分間以内
となっています。
 弁護人等が来た場合、一般の方の面会を中断し、弁護人等の接見を優先する場合があります。
 事件に関する話はできません。
 事件に関する話をしたり、立会いの警察官の指示に従わない場合、面会を中止します。
 また、次回以降の面会をお断りすることがあります。
 面会中は、面会室出入口を施錠します。
 面会終了後は、係員が案内するまで面会室でお待ちいただきます。

3 差入れについて
 差入れは、被留置者1人につき
1日2回以内
1回に着替え3日分、本3冊、現金3万円以内
となっています。
 差入れの衣類の紐等は取り除いてください。
 差入れの雑誌のホッチキスも取り除いてください。
 検査が困難な物品は差し入れできません。
   例:食品、薬(医師が処方したものも含む)、シャンプー、リンス、石鹸など

留置施設イメージ