トップ > 各警察署 > 西条警察署 > 警備課 > 外国人実習生の状況


外国人実習生の状況

 平成27年中、県内の実習先から失踪した外国人技能実習生は、警察が認知しているだけで95人であり、平成19年以降で過去最多となりました。
 西条署管内においても、平成27年中は10人の外国人技能実習生が失踪しています。


 失踪する外国人技能実習生は、
    ○ より高い給料を求める。
    ○ 在留期間を過ぎても、違法に日本に滞在してお金を稼ぎたい。
という理由から、実習中に突然、失踪するケースが多いようです。
 外国人技能実習生を受け入れている企業の方は、職場などにおけるトラブルの把握や、会社以外の人間と頻繁に連絡を取り合うなど失踪の前兆があれば、警察に連絡・相談してください。


 警察では、実習生が事件・事故に遭うことなく、無事に実習を終えることができるために、”日常生活での注意事項”や”交通ルールの基本的事項”、”災害発生時の対応要領”などについての講習を行なっています。
 ご希望される方は西条警察署までご連絡ください。