■ 活動日誌

ウェブ アニメーター 合同救助訓練
    平成27年9月2日(水)、南海トラフ巨大地震による被害を想定した訓練を、松山海上保安部及び県警機動隊等と合同で
   実施しました。
    訓練は津波と土砂災害が発生し、海上には漂流者、陸上には道路が寸断されて孤立者がいると想定。漂流者は巡視艇と
   ゴムボートで陸揚げされ、陸上孤立者はヘリコプターと巡視艇等が、それぞれ協力し救助しました。
    今後50年以内に90%の確立で発生するといわれている南海トラフ巨大地震。防災週間は終わりましたが、地震に限らず、
   自然災害はいつ起こるか分かりません。
    被害を最小限にするためにも、できる安全対策はとっておきましょう。

 







ウェブ アニメーター 「防災士」取得に挑戦!
     防災士とは、自助・互助・協働を原則として、減災に向けた地域の防災力向上のため、避難訓練や救命講習などを
    行うことができる資格で、取得には講習を受け、資格試験に合格する必要があります。そして、当署では、この防災士
    取得を目指した取り組みを行っています。
     当署は、13の島しょ部のほか、松山市沿岸地域を管轄しているため、大規模地震発生時には管内が津波の被害を
    受ける可能性もあり、災害時にはより迅速な対応が求められます。被害を最小限に食い止めるためにも、防災士の知識と
    技能を身に付け、平時から地域の防災講習に参加するなどして、地域の防災力向上に寄与できるよう取り組んでいきます。
 
                                                       (平成27年7月末 現在)
 都市名 防災士数 都道府県名  防災士数
 松山市(中核市) 2,386  東京都 8,696
 大分市(中核市) 2,077  大分県 6,555
 仙台市(政令市) 1,419  愛媛県 5,819
                                               松山市消防局地域防災課提供 資料より


 

 

 

ウェブ アニメーター 強盗対応訓練
    10月27日、伊予銀行三津浜支店において、署員と行員を合わせて約40名が参加し、強盗対応訓練を行いました。
    訓練は、刃物を持った2人組が閉店した行内に侵入して現金を強奪し、車で逃走したと想定。行員は110番通報や
   逃走する犯人役にカラーボールを投げ、現場臨場した警察官に犯人の特徴や逃走車両のナンバーなどを伝えました。
   通報を受けた署では捜査本部を立ち上げ、行員の情報を基に犯人を追跡し、松山観光港に車両を追い詰めた後、
   犯人を取り押さえ、訓練が終了しました。
    これから年末を迎え、多額の現金が動く時期であるため、一人ひとりが防犯意識を高め、安全・安心な街づくりを
   していきましょう。






 

ウェブ アニメーター 反射材キーホルダーの贈呈式
   11月4日、当署において、地元スーパーから久枝幼稚園に対し、『反射材キーホルダー』の贈呈式を実施しました。
   この反射材キーホルダーは、孫である園児たちが交通安全メッセージを書いた後、「孫心(まごころ)プレゼント」として
  祖父母にプレゼントするものです。
   20日に寄贈元のスーパーで実施された『三世代交流型交通安全教室』は、幼稚園児とその保護者・祖父母ら
  ”三世代の家族”が楽しく交流しながら、交通安全に対する意識を高めていただき、好評でした。
   孫心(まごころ)のこもったメッセージが、おじいちゃん、おばあちゃんの心に届いて、1件でも悲惨な交通事故が
  減ることを願う次第です。






 
 
 
 
 
 
 

TOP