■ 交通課からのお知らせ

【飲酒運転の悲劇】




                                                                                               


【交通事故防止】
 

  自転車を利用される皆さんへお願い

  自転車は、手軽な乗り物である反面、タイヤが2つしかないので転倒しやすく、 万一
 事故にあったら衝突の衝撃が直接身体に及ぶという危険な乗り物でもあります。
  ルールを守って安全に乗ってください。
                                      

   見通しの悪い交差点、道路を横断する時には、確実に一時停止を行い左右の
   安全確認
をしましょう。
   自動車の直前で進路を変更したら危険です。
進路変更の際は、後方の安全も
   確認
してください。
   夜間の
無灯火運転、片手運転、右側通行は、事故の元です。
   強風時の運転は危険です。天候にも気を配りましょう。
   平成21年9月21日より、自転車乗車中の携帯電話使用が取り締まり
   対象になりました。

   (愛媛県道路交通規則第12条第7項)
   
携帯電話用装置を手で保持して通話若しくは操作をし、又は画像表示用
  装置に表示された画像を注視して自転車を運転しないこと。

      《罰則》      5万円以下の罰金
      《取締り対象》
                ○ 違反行為により、交通の危険を生じさせたもの
                ○ 警察官の指導警告に従わず、違反行為を継続、反復したもの
                                                                    
 

歩行者の皆さんへお願い

 知っている交通ルールを正しく実践して、交通事故によるケガなどから自分の身を守って
ください。
歩行者   
目線をあげて自分の周囲の状況を早めに把握しましょう。
   車道を避け、
歩道などの安全なところを通りましょう。
   交差点では
「いったん止まる」「左右の確認」を徹底しましょう。
   
道路の横断には危険が伴います。
     近くに横断歩道や信号機があれば、これを利用しましょう。
     横断する前に、左右の安全を確認しましょう。
     斜め横断を避けて、最短距離をわたりましょう。
     夜間の横断は特に危険です。明るいところでわたりましょう。
     カーブでの横断も危険です。見通しの良いところで。
   
   夕方や夜間の外出時には、
明るい色の服を着る、懐中電灯を持つ、反射材の
   着用
をしましょう。
   
目も耳も使って自動車の接近を早めに察知しましょう。
                                                                    
 

ドライバーの皆さんへお願い

   早めのライト点灯を心がけましょう。
    朝霧や雨天時は、見通しが悪く、特に夕暮れ時は、早めのライト点灯をお願いします。
   ライトはハイビームが基本です。
    「ロービームが基本」と思っていませんか?夜間発生した事故の9割がロービーム
    でした。ライトをこまめに切り替え、前をよく見て走行しましょう。 

                                                                                                   
 

TOP