交通死亡事故の発生

〇発生日時
 平成29年8月23日(水)午前6時46分頃
〇発生場所
 松山市水泥町841番地1先路上(県道)
〇天候
 晴
〇事故当事者
甲:県内在住の50歳男性。中型貨物車(怪我なし)。
乙:県内在住の87歳女性。歩行者(死亡)。
〇事故内容
 甲が片側一車線の直線道路で前車を追越す際、横断歩道上を左方から横断してきた乙と衝突したもの。
〜横断歩道横断中の歩行者が犠牲となる交通死亡事故が発生!〜
○片側一車線の直線道路において、中型貨物車が横断歩道上を横断中の歩行者と衝突する死亡事故が発生しました。
○平成29年中、人対車両の死亡事故が18件(前年比+6件)発生しており、そのうち、14件(前年比+6件)が道路横断中でした。
○中央線が黄色の道路は、追越しのための右側部分はみ出し通行禁止です。また、横断歩道及びその手前30メートル以内も追越し禁止となっています。禁止場所での追越しは重大事故に繋がりますので、絶対にしないようにしましょう。
○横断歩道に接近する際は、横断しようとする歩行者等がいないか必ず確認し、歩行者等がある場合は、横断歩道手前で一時停止し、歩行者等の通行を妨げないようにしましょう!
〇横断歩道手前で、前車が急に停止や減速をした際は、横断歩道を横断中の歩行者がいることを意識しましょう。

愛媛県警察本部総務室広報県民課