交通死亡事故の発生

〇発生日時
 平成29年8月16日(水)午前7時50分頃
〇発生場所
 松山市東長戸4丁目4番38号先路上(市道)
〇天候 
 晴
〇事故当事者
甲:県内在住の27歳男性。普通乗用車(怪我なし)。
乙:県内在住の79歳男性。自転車(死亡)。
〇事故内容
 甲が片側二車線道路を進行中、左方から横断してきた乙と衝突したもの。
〜しっかり前を見て、広い視野を持った運転で交通事故防止!!〜
○松山市内の片側二車線道路において、死亡事故が発生しました。
○平成29年中、自転車対車両の死亡事故は7件(前年同期比+3件)発生しており、7件のうち6件が出合頭事故となっています。
○脇見運転は、周囲の通行状況や交通規制など、視覚から入ってくる情報を得ることができないため、大事故に繋がります。
○運転中は車内・車外に気を取られることなく、しっかり前を見て、広い視野で周囲の状況を確認しましょう!
〇自転車で道路を横断する際は、信号機が設置された交差点において、信号灯火に従い、安全に横断しましょう!
〇自転車乗用時は、万が一の事故に備え、ヘルメットをかぶりましょう。

愛媛県警察本部総務室広報県民課