交通死亡事故の発生

〇発生日時
 平成29年5月17日(水)午前2時30分頃
〇発生場所
 西条市氷見乙1985番地2先路上(国道11号)
〇天候 
 曇
〇事故当事者
甲:県内在住の51歳男性。歩行者(死亡)
乙:県内在住の58歳男性。中型貨物車(怪我なし)
〇事故内容
 甲が信号機の設置された四差路交差点において、横断歩道を横断中、青信号に従い直進中の乙と衝突したもの。
〜幹線道路でも緊張感の保持を!〜
〇西条市内の交差点及び鬼北町内の直線道路において死亡事故が発生しました。
〇5月に発生した5件の死亡事故のうち、4件が国道(そのうち3件が国道11号)で発生しています。
〇国道等の幹線道路では、優先道路を進行している意識が高まり、漫然と運転しがちです。運転中は緊張感を保持するとともに、正確な運転操作及び確実な安全確認を行いましょう。

愛媛県警察本部総務室広報県民課