交通死亡事故の発生

〇発生日時
 平成29年5月10日(水)午後8時18分頃
〇発生場所
 松山市福音寺町486番地1先路上(国道11号)
〇天候 
 曇
〇事故当事者
甲:県内在住の47歳男性。普通乗用車(怪我なし)
乙:県内在住の70歳男性。自転車(死亡)
〇事故内容
 甲が交通整理の行われている交差点を直進する際、前方を進行していた乙に衝突したもの。
〜自転車を追い越す際は、間隔を十分に取りましょう!〜
〇国道11号において、夜間、普通乗用車が自転車に衝突する死亡事故が発生しました。
〇平成29年中、国道11号では4件の死亡事故が発生していますが、4件全てが夜間に発生しています。
〇自転車は軽車両であり、原則、車道を通行します。自転車を追い越す際には、相手の動きを注視するとともに、十分に安全な間隔を保ちましょう。
〇また、愛媛県では、自動車等が自転車の側方を通過する際、“1.5m以上の安全な間隔を保つ”か、道路事情等から安全な間隔が保つことができない場合は“徐行する”ことを呼び掛ける「思いやり1.5m運動」を推進しています。

愛媛県警察本部総務室広報県民課