交通死亡事故の発生

〇発生日時
 平成29年4月23日(日)午後2時37分頃
〇発生場所
 今治市玉川町龍岡下丙159番地先路上(国道317号)
〇天候 
 晴
〇事故当事者
甲:県内在住の54歳男性。普通乗用車(重傷)
乙:県内在住の32歳男性。軽四乗用車(重体)
乙:県内在住の34歳男性。助手席同乗(重傷)
乙:県内在住の61歳女性。後部座席同乗(死亡)
〇事故内容
 甲が左カーブを進行する際、対向車線にはみ出し、乙と正面衝突したもの。
〜山間部では少しの気の緩みが大事故に!〜
〇山間部の道路において正面衝突による死亡事故が発生しました。
〇平成29年中の車両相互の事故のうち、発生件数が多いのは出合頭ですが、致死率が高いのは正面衝突(26件中2名死亡)です。
〇一瞬の気の緩みが大事故に繋がります。特に、カーブが多い山間部の道路では、道路形状をしっかり把握し、確実なハンドル・ブレーキ操作を行いましょう。
〇万が一の事故の際、シートベルトが被害を軽減します。後部座席を含めた全ての座席でシートベルトの着用を徹底しましょう。

愛媛県警察本部総務室広報県民課