遠隔操作ソフトの悪用にご注意!

遠隔操作ソフトの悪用により、商品の不正購入や情報流出等の事案が発生しています。
●遠隔操作ソフトの悪用手口
(1) WEBサイト閲覧中に、「ウィルスが見つかりました」等の警告が表示され、指定の電話番号に電話すると、遠隔操作ソフトをインストールし、ID、パスワードを設定するよう指示され、 設定したID、パスワードを使われて、ファイルコピー等されたもの。
このように、遠隔操作ソフトを指示されたとおりに導入してしまうと、実際に見ているパソコンの画面が、相手にも見られるだけでなく、相手の意のままに操作されることになります。
○対策
・OS、ウィルス対策ソフト、各種ソフトウェア等を最新の状態にする
・一方的に表示された電話番号には電話しない
(2)既に遠隔操作ソフト使用している人のID、パスワードを不正に使用して、起動中の遠隔操作ソフトを乗っ取り、商品の不正購入や情報流出等が行われるもの。
○対策
・ID・パスワードの使い回しをしない
・二段階認証等の機能を利用する
・必要なとき以外は起動しない

愛媛県警察本部総務室広報県民課