平成28年中 管内で
3件の死亡事故が発生!!

◎愛媛県内で、高齢者被害の交通死亡事故が多く発生しています
◎誰もが死亡事故の加害者になる危険性があるので運転に充分注意しましょう

平成28年松山南署管内交通死亡事故

   



  

         
    
    
   
 





○ 交通死亡事故発生一覧表(76KB)
○ 交通死亡事故発生現場マップ(152KB)


 平成28年中、愛媛県内における交通事故は、発生件数、負傷者数ともに平成17年以降12年連続で減少しました。死者数についても僅かではありますが4年振りに減少し77人でした。
 今後も、松山南警察署では、高齢者や自転車利用者を交通事故の被害者にも加害者にもしない取組を推進するとともに、飲酒運転等の悪質違反や交通事故に直結する横断歩行者妨害や信号無視等の取締りを強化します。


   次のことに気をつけましょう 

     歩くときのポイント
 
      ◇遠回りでも、横断歩道や信号機を利用しましょう!
      ◇道路を横断するときは、車が通りすぎるまで待ちましょう!
      
◇車の直前・直後、斜め横断はやめましょう!
      ◇夜間の外出には、反射材や懐中電灯を活用しましょう!

     自転車に乗るときのポイント
  
      ◇交差点では、必ず一時停止する習慣を身につけましょう!
      ◇車道を通行するときは、左側を通行しましょう!
      ◇歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行しましょう!
      ◇自転車に乗る時は、ヘルメットの着用をこころがけましょう!
      
◇万が一の事故に備え、保険には確実に加入するようにしましょう!
     


     運転する時のポイント
  
      ◇車に乗ったら、全席・全員がシートベルトを着用しましょう!
      ◇歩行者や自転車の急な横断・進路変更に注意しましょう!
      ◇通り慣れた道路(交差点)こそ、緊張感を持って運転しましょう!
      ◇夕暮れ時は、早めのライト点灯をこころがけましょう!
      
◇夜間時は、ライトをこまめに切り替えてハイビームを活用しましょう!