緊急通行車両等の事前届出制度について

1 制度の概

 大規模災害発生時は、被災者の救助や復旧作業等(以下、「災害応急対策」という。)を円滑に行い、二次被害を防止するために、公安委員会により道路の区間を指定して、緊急自動車(救急車・消防車・パトカー等)や災害応急対策に携わる車両(以下、「緊急通行車両等」という。)以外の車両の通行を禁止又は制限することとなります。

                     

         ≪緊急自動車≫                ≪緊急通行車両等≫

 緊急通行車両等は緊急自動車とちがい、赤色灯やサイレンが無く、他の車両と見分けがつかないため、災害応急対策に従事する車両かどうか確認したのち、「緊急通行車両確認標章」を交付し、それをフロントガラスに掲出することで区別することとなります。

 ←緊急通行車両確認標章

 しかしながら、いざ、震災等が起こったときに災害応急対策に従事する車両か確認していたのでは、手続に時間がかかってしまい、迅速な災害応急活動が困難になります。

 そこで、災害応急対策に使用する予定のある車両を事前に届出していただくことで、震災等発生時に標章交付手続に要する時間を短縮し、かつ、事前届出済みであることを証する書面(以下、「事前届出済証」という。)を持っていれば、県内外問わずどの警察署(検問所含む。)でも交付手続を行うことができるよう簡素化する制度ができました。それが本制度です。


2 事前届出制度の対象車両

    事前届出をすることができる車両は、以下のとおりです。

  1. 指定行政機関等が災害応急対策に使用する予定のある車両(以下、「緊急通行車両」という。)

  2. 指定行政機関等と協定又は指定行政機関等から委託を受け、災害応急対策に従事する予定のある車両(以下、「緊急通行車両」という。)

  3. 上記1〜2以外の車両で、以下のいずれかに該当するもの(以下、「規制除外車両」という。)

    1. 医師・歯科医師、医療機関の使用する車両

    2. 医薬品・医療機器・医療用資材等を輸送する車両

    3. 患者等搬送車両(特別な構造又は装置があるものに限る。)

    4. 建設用重機、道路啓開作業用車両又は重機輸送用車両(ただし、重機輸送車両については建設用重機と同一の使用者による届出に限る。)

  ※ 指定行政機関等については、こちらをクリック

3 手続に必要なもの

   こちらをクリック→


4 手続の流れ 

   こちらをクリック→


5 各種様式

  1. 緊急通行車両等事前届出書    こちらをクリック→

  2. 規制除外車両事前届出書      こちらをクリック→

  3. 緊急通行車両に係る上申書    こちらをクリック→

  4. 緊急通行車両確認証明申請書  こちらをクリック→

  5. 規制除外車両確認証明申請書  こちらをクリック→


6 お問い合わせ先

    愛媛県警察本部交通規制課 規制第二係  089(934)0110


戻る