○特定任意高齢者講習及びチャレンジ講習の実施に関する規則

平成14年5月31日

公安委員会規則第12号

特定任意高齢者講習及びチャレンジ講習の実施に関する規則

目次

第1章 総則(第1条―第3条)

第2章 特定任意高齢者講習(第4条―第9条)

第3章 チャレンジ講習(第10条―第12条)

第4章 雑則(第13条・第14条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この規則は、道路交通法施行令(昭和35年政令第270号。以下「政令」という。)第37条の6の2第1号の規定に基づく講習(以下「特定任意高齢者講習」という。)及びチャレンジ講習の実施に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「チャレンジ講習」とは、道路交通法(昭和35年法律第105号。以下「法」という。)第108条の2第2項の規定に基づき、運転免許証の更新期間が満了する日における年齢が70歳以上の者を対象に行う講習で、加齢に伴って生ずる身体の機能の低下が自動車及び原動機付自転車(以下「自動車等」という。)の運転に及ぼす影響についての確認及びその結果に基づく指導を行うものをいう。

(講習の委託)

第3条 法第108条の2第3項の規定により特定任意高齢者講習及びチャレンジ講習の実施を法第99条第1項の指定自動車教習所(以下「教習所」という。)に委託する。

第2章 特定任意高齢者講習

(講習の種別及び科目)

第4条 特定任意高齢者講習は、チャレンジ講習の結果、加齢に伴って生ずる身体の機能の低下が自動車等の運転に影響を及ぼしていないと公安委員会が認めた者に対して行う講習(以下「簡易講習」という。)及びこれ以外の者に対して行う講習(以下「シニア運転者講習」という。)に区分して行うものとする。

2 簡易講習及びシニア運転者講習の講習科目は、次の表のとおりとする。

種別

講習科目

簡易講習

1 道路交通の現状及び交通事故の実態

2 運転者の心構えと義務

3 安全運転の知識

4 運転適性についての指導

シニア運転者講習(合理化講習)(75歳未満の者及び道路交通法施行規則(昭和35年総理府令第60号)第29条の3第1項の式により算出した数値(以下「算出数値」という。)が76以上であった者に対するもの)

1 道路交通の現状及び交通事故の実態

2 運転者の心構えと義務

3 安全運転の知識

4 運転適性についての指導①

5 運転適性についての指導②

シニア運転者講習(高度化講習)(算出数値が76未満であった者に対するもの)

1 道路交通の現状及び交通事故の実態

2 運転者の心構えと義務

3 安全運転の知識

4 運転適性についての指導①

5 運転適性についての指導②

6 総合的な安全指導

(講習方法)

第5条 特定任意高齢者講習は、自動車、教本、運転適性検査器材、視力検査器材、視聴覚教材等必要な教材を用いて行うものとする。

(講習時間)

第6条 特定任意高齢者講習の講習時間は、次の各号に掲げるとおりとする。

(1) シニア運転者講習(合理化講習) 2時間

(2) シニア運転者講習(高度化講習) 3時間

(3) 簡易講習 1時間

(簡易講習の受講)

第7条 運転免許に係る講習等に関する規則(平成6年国家公安委員会規則第4号。以下「講習に関する規則」という。)第2条第1項のチャレンジ講習受講結果確認書(以下「確認書」という。)の交付を受けた者は、簡易講習を受講することができる。

(特定任意高齢者講習の受講申請)

第8条 特定任意高齢者講習を受講しようとする者は、特定任意高齢者講習(シニア運転者講習・簡易講習)受講申請書(様式第1号)を当該講習を受講しようとする教習所の所在地を管轄する警察署を経由して公安委員会に提出するものとする。この場合において、簡易講習を受講しようとする者は、当該申請書に確認書を添付しなければならない。

(特定任意高齢者講習終了証明書の交付の申出)

第9条 講習に関する規則第3条第2号の特定任意高齢者講習終了証明書(以下「証明書」という。)の交付の申出は、特定任意高齢者講習終了証明書交付申出書(様式第2号)を特定任意高齢者講習を受講した教習所の所在地を管轄する警察署を経由して公安委員会に提出するものとする。

第3章 チャレンジ講習

(チャレンジ講習受講申請書の提出)

第10条 チャレンジ講習を受講しようとする者は、チャレンジ講習受講申請書(様式第3号)を当該講習を受講しようとする教習所の所在地を管轄する警察署を経由して公安委員会に提出しなければならない。

(講習の科目及び内容)

第11条 チャレンジ講習の講習科目は、事前説明、模範走行、実車走行、講評その他必要と認める科目とする。

2 実車走行の課題及び内容は、次の表のとおりとする。

課題

内容

一般課題

周回コース及び幹線コースの走行、交差点の通行、横断歩道の通過、曲線コースの通過、屈曲コースの通過並びに方向変換

特別課題

スラローム走行

参考課題

急ブレーキ

(確認書の交付)

第12条 公安委員会は、一般課題及び特別課題の運転結果から判断して、加齢に伴って生ずる身体の機能の低下が自動車等の運転に影響を及ぼしていないと認められた者に対し、確認書を交付するものとする。

第4章 雑則

(証明書等の再交付の申出)

第13条 証明書又は確認書の交付を受けた者は、特定任意高齢者講習又はチャレンジ講習を受講した日から起算して6月以内に証明書又は確認書を亡失又は滅失し、証明書又は確認書の再交付を受けようとするときは、当該講習を受講した教習所の所在地を管轄する警察署を経由して公安委員会に特定任意高齢者講習終了証明書(チャレンジ講習受講結果確認書)再交付申出書(様式第4号)を提出して申し出なければならない。

(補則)

第14条 この規則に定めるもののほか、特定任意高齢者講習及びチャレンジ講習の実施に関し必要な事項は、警察本部長が定める。

附 則

この規則は、平成14年6月1日から施行する。

附 則(平成15年2月21日公安委員会規則第3号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成17年12月26日公安委員会規則第13号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年3月22日公安委員会規則第4号)

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成29年3月10日公安委員会規則第1号)

この規則は、平成29年3月12日から施行する。

画像

画像

画像

画像

特定任意高齢者講習及びチャレンジ講習の実施に関する規則

平成14年5月31日 公安委員会規則第12号

(平成29年3月12日施行)