○部外講師謝金の取扱いについて

昭和53年3月20日

例規教第6号警察本部長

各部課長

警察学校長

各警察署長

昭和53年4月1日から、次により取扱うこととしたから、誤りのないようにするとともに効果的な教養の推進に努められたい。

なお、部外講師謝金の取扱いについて(昭和46年3月9日付け例規教第4号)は、廃止する。

1 講師の格付

(1) 招へいしようとする講師を次の基準により格付する。

ア 特A基準 評論家、作家等の社会的著名人

イ A基準 大学教授、検事、高等学校の校長及びこれらに相当する職に従事していると本部長が認める者

ウ B基準 特A基準及びA基準に該当しない者

(2) 講師の格付について疑義がある場合は、教養課長が講師を招へいしようとする所属長と協議して決定する。

2 謝金の支給額

謝金は、講師の格付によって次のとおり支給する。

(1) 特A基準 講師の知名度、社会的慣行等を考慮し、教養課長が講師を招へいしようとする所属長及び会計課長と協議して定めた額

(2) A基準 1時間当たり 6,900円

(3) B基準 1時間当たり 5,000円

3 講師の旅費

講師の旅費は、講師を招へいしようとする所属長の上申により警察本部長が承認した場合に支給する。

4 計画の報告

各所属長は、毎月末までに翌月中に実施しようとする部外講師による教養計画を別記様式により警察本部長に報告し、承認を受けなければならない。ただし、毎年4月の計画については3月20日までに報告するものとする。

5 その他

教養時間の端数が1時間に満たない場合においても、30分以上のときは1時間に切上げ、30分に満たないときは切捨てるものとする。

画像

部外講師謝金の取扱いについて

昭和53年3月20日 例規教第6号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第3編 務/第4章 養/第3節 その他
沿革情報
昭和53年3月20日 例規教第6号
昭和55年4月 例規教第361号
昭和63年3月 例規教第6号
平成9年2月 例規教第8号
平成11年3月 例規警第20号
平成15年1月 例規教第1号
平成21年4月 例規警第510号
平成26年3月27日 例規警第405号