青少年健全育成推進ヒーロー フィルタリングマン
<<前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ>>

■PDFファイル:A4・4ページ(527KB)■

実写版フィルタリングマン
■「実写版フィルタリングマン」(動画)■
(愛媛県庁公式HPへのリンク)

■「フィルタリングマン」パワーポイントはこちら■

■活動レポート■

「インターネット・携帯電話の危険性」へもどる
※2 一定の基準でサイトを選別し、青少年に有害な情報(出会い系サイトやアダルト、グロテスク、犯罪行為、違法行為など)を閲覧できないようにするサービスです。18歳未満の児童が携帯電話を使用する場合、保護者はフィルタリングサービスの利用について携帯電話事業者に申し出る責務があります。ただし平成23年の調査で愛媛県内では、携帯電話を所有する生徒のうち、中学生では約6割、高校生では半分以下の利用にとどまっています。

※3 携帯電話事業者は、保護者から不要の申込みがない限り、18歳未満の児童が使用する携帯電話にはフィルタリングサービスをつけなければなりません。