平成23年中(確定値
用語説明 初発型非行
少年刑法犯 少年特別法犯
少年刑法犯の罪種別 少年刑法犯の罪種別・学職別
少年刑法犯の学職別
【 用語説明 】
@ 犯罪少年 ・・・ 罪を犯した14歳以上20歳未満の者をいう。
A 触法少年 ・・・ 刑罰法令に触れる行為をした14歳未満の少年をいう。
B 刑法犯少年 ・・・ 「刑法」に規定する罪並びに「爆発物取締罰則」「暴力行為等処罰ニ関スル法律」等13法令に規定する罪を犯した犯罪少年をいう。
C 触法少年(刑法) ・・・ 上記Bの罪に触れる行為をした触法少年をいう。
D 少年刑法犯 ・・・ 刑法犯少年と触法少年(刑法)をいう。
E 少年特別法犯 ・・・ 上記Bの罪以外の罪を犯した犯罪少年と触法少年をいう。
F 初発型非行 ・・・ 万引き、自転車盗、オートバイ盗、占有離脱物横領の4非行。
【少年刑法犯】
  H23年 H22年 増減
刑法犯少年 943 870 +73
触法少年(刑法) 213 260 -47
合 計 1,156 1,130 +26
○刑法犯少年は増加、触法少年(刑法)は減少。
【少年刑法犯の罪種別】
   H23年 H22年 増減
凶悪犯 4 6 -2
粗暴犯 122 108 +14
窃盗犯 838 855 -17
知能犯   4 -4
風俗犯 5 7 -2
その他 187 150 +37
合 計 1,156 1,130 +26
窃盗犯が全体の72.5%を占めている。(前年75.7%)
窃盗犯の手口で最も多いのは万引き463人で、窃盗全体の55.3%を占めている。(前年55.0%)
【少年刑法犯の学職別】
   H23年 H22年 増減
小学生 57 73 -16
中学生 529 517 +12
高校生 279 255 +24
大学生 27 26 +1
その他学生 19 24 -5
有職少年 122 114 +8
無職少年 123 121 +2
合 計 1,156 1,130 +26
非行の中心は中学生(全体の45.8%)(前年45.8%)
【初発型非行】
  H23 H22年 増減
オートバイ盗 105 114 -9
自転車盗 92 116 -24
万引き 463 470 -7
占有離脱物横領 103 95 +8
合 計 763 795 -32
少年刑法犯のうち初発型非行が占める割合は66.0%(前年70.4%)
【少年特別法犯】
  H23 H22年 増減
シンナー乱用 4 21 -17
覚せい剤等薬物乱用   4 -4
その他 49 44 +5
合 計 53 69 -16
【少年刑法犯の罪種別・学職別】
学職別
罪種別
小学生 中学生 高校生 大学生 各種
学生
有職
少年
無職
少年
合 計


殺  人                
強  盗     1      1   2
放  火 1             1
強  姦     1         1


凶器準備集合                
暴  行 1 13 3      3 4 24
傷  害 2 31 18     15 7 73
脅  迫                
恐  喝   17 1      2 5 25
窃  盗  犯 42 383 217 9 10 87 90 838
知  能  犯                
風  俗  犯   2 2   1      5


占有離脱物横領   37 23 17 7 7 12 103
その他 11 46 13 1  1 7 5 84
合  計 57 529 279 27 19 122 123 1,156