大 洲 警 察 署 の 窓
 

 
 
 ここでは大洲警察署での取り組みや、   署員が参加した行事等について掲載しています。

 
平成29年5月18日(木)

 肱川小学校、河辺小学校の4年生が庁舎見学。装備資機材の説明や子ども達からの質問に答えました。みんなメモを取りながら一生懸命聞いてくれていました。
 そんな中、特に子どもたちの楽しそうな姿が見られたのは、白バイの乗車体験!隊員が白バイを走らせると、子どもたちからひときわ大きな歓声が上がりました。
平成29年5月20日(土)   内子町で子どもフェスティバルが開催されました。当日は天候に恵まれ、会場は子どもたちの笑顔であふれていました。
 大洲警察署もブースを設けて、グッズの配布や白バイ・パトカーの展示で参加☆小学生には交通安全教育車の自転車シミュレーター、小さなお子さんからは白バイの乗車体験が人気でした。来年も参加する予定です。ご期待を(^^)
 
 
平成29年5月22日(月)     5月は自転車月間。JR伊予大洲駅を利用する高校生の自転車安全利用と、駐輪場を使用する際のマナーアップ向上に向けて、大洲警察署と高校生が協力して、駅周辺での街頭指導・広報啓発活動を実施しました。 
平成29年5月28日(日)    若手職員が中心となり大洲警察署南側の水路周辺の草刈を行いました。5月でも日差し、気温は真夏のようで、参加者は時折額の汗をぬぐいながら、黙々と作業を続けました。
 2時間後、茂っていた草が一掃されて周辺道路の見通しはぐんとよくなり、水路にも署員達の頭上にも、さわやかな風が吹き抜けました。
 
 
 
平成29年6月2日(金)     県内で交通死亡事故が多発していることから、人の輪作戦を実施しました。大洲警察署では同日、大洲市交通安全協会総会が開催されており、総会後、安全協会の方々と署員が国道56号沿いに立ち、プラカードやのぼりで緊張感を持って運転するようドライバーに呼びかけました。
 交通安全協会の皆さん、日差しの強いなか、ご協力ありがとうございました!
  
 
 
平成29年6月10日(土)      県大洲市農村活性化センターで、劇団OKBによる防犯寸劇、県警音楽隊による演奏会が行われました。
 OKB(大洲・警察署・バディ)は署内の熱意ある若手警察官で構成された劇団です。現在の振り込め詐欺や交通事故の特徴をとらえ、分かりやすく!笑いを交えたシナリオで観客に注意を呼びかけました。
 演奏会では、みんなで童謡「ふるさと」を熱唱。会場が一体となり、楽しいひとときを過ごしました。
 
平成29年6月16日(金)   新谷小学校の4年生31名が庁舎見学
「警察署にパトカーは何台あるのですか。」という質問に始まり、児童たちからは留置場内のしくみや文書の保存期間など、なかなか難しい質問も出ました!
 その後、装備資機材の使い方やパトカーの乗車体験を実施。子ども達の元気な姿に署員も元気をもらいました☆
平成29年6月20日(火)    大洲警察署で大洲喜多地区の高等学校代表生徒による交通安全サミットが開催されました。
 議事の後、交通課員指導のもと、自転車シミュレーター体験学習を実施。緊張からか少しぎこちない運転でしたが、体験した生徒たちは皆、無事目的地に到着しました。
 これからも周囲の状況をよく確認して、安全運転に努めましょう!
 平成29年7月5日(水)  夏休みを前に、凶悪事件や各種犯罪の未然防止活動の一環として、大洲署と青色防犯パトロール隊が合同で夜間パトロールを実施しました。
 出発式終了後、たいき地区青色防犯パトロール隊連絡協議会加入の青パト約60台が、白バイ・パトカーの先導でそれぞれの地域に向け出発。防犯パトロールを行いました。
 協力くださった隊員の皆さん、雨のなか大変お世話になりました!
平成29年7月6日(木)
      7日(金)
 
 小田中学校2年生1名が2日間の職場体験。憧れの制服に着替え、警察官になった気分でまずは庁舎内を見学!その後、鑑識体験や警察装備の着用、またパトカーや大好きな白バイの乗車体験など、各課の業務を体験しました。
 女性警察官との対談もあり、今回の経験が少しでも中学生の夢の後押しになれば幸いです☆
平成29年7月11日(火)  管内の養護老人ホームで、職員に対する不審者対応訓練を実施しました。警察官扮する不審者が施設内に侵入すると、職員が非常通報装置のボタンを押して警察本部の通信指令課へ通報。無線で指令を受けた警察官が臨場し、不審者を取り押さえました。
 老人ホームへの非常通報装置の設置は県内初です。訓練後、南予地区術科師範による護身術の講習を実施しました。
 平成29年7月20日(木)  管内の養護老人ホームで、職員に対する不審者対応訓練を実施しました。
 訓練の後、南予地区術科師範による護身術、刺股の効果的な活用法についての講習も行いました。
 実践的な訓練・講習で、もしもの時に警察官が臨場するまでの間、入居者だけでなく自身の身も守れるようにと、皆さん熱心に受講してくださいました。
 
 
 平成29年8月2日(水)  8月9日に行われる子供自転車全国大会に本県代表として出場する内子小学校児童の出発式が、内子町役場前で実施されました。出発式では代表選手が決意表明し、大会への意気込みを語りました。
 本大会は各都道府県の予選を勝ち上がった47校188人の児童が参加し、学科テストと実技テストの合計点で競うものです。内子小学校チームは団体の部で4位に入賞、また個人の部でも優秀な成績を収めました!
 平成29年8月23日(木)  大洲地区非行防止対策協議会総会が大洲警察署で開催されました。総会後、フィルタリングマン「インターネットに潜む危険性とその対策」について講話。子どもたちが、ネット犯罪の被害者にも加害者にもならないためにはどうすればよいかを分かりやすく説明してくれました。
 フィルタリングはもちろんのこと、ネット利用について普段から子供たちとよく話し合っておくことが大切なんですね。

 戻る