大 洲 警 察 署 の 窓

 


 
 
 ここでは大洲警察署での取り組みや、   署員が参加した行事等について掲載しています。

平成30年6月8日(金)   本格的な夏の到来を前に、管内の保育園児を対象に「子どもの水の事故防止教室」を開催しました。水の事故について、また子どもだけで水辺で遊ぶことの危険性を署員が体を張った演技で園児たちに伝えました。
 
☆危険箇所を示す赤色標識の近くでは遊ばないようにしましょう。
 
平成30年5月31日(木)   大洲警察署では、今後発生が予想される南海トラフ巨大地震、また、大雨等による管内の河川氾濫に備えて、非常参集、災害警備本部設置訓練を実施しました。
 本署は平成16年の肱川氾濫の際、署の周辺が冠水し、一時孤立する事態となったことから、車両の移動訓練も併せて行いました。
 平成30年5月23日(水)  管内公民館で開催された老人会で、交通安全講話、防犯寸劇を行いました。
 県内で4000万円の架空請求詐欺被害が発生したことから、今回の寸劇は「ハガキによる特殊詐欺」をテーマに、被害防止を呼びかけました。
 寸劇を観ていただいた方の中にも、実際にハガキが届いたという方もいらっしゃいました!署にもハガキに関する相談が多く寄せられており、他人事ではありません。

☆不安を煽る見出しに驚いてしまうかもしれませんが、決して記載してある連絡先に電話をしないようにお願いします。
 平成30年5月11日(金)    内子町五十崎自治センターで、地元の老人クラブ会員約150名を対象とした高齢者教室が開催されました。
 交通課員による交通安全講話に加えて、振り込め詐欺防止寸劇を大洲警察署の若手警察官が熱演しました。

☆メールやはがきによる架空請求詐欺で被害に遭ってしまわれる方が多くいらっしゃいます。メールやはがきが届いたらまずは落ち着いて!相談しましょう。
平成30年5月1日(火)     通り慣れていない道での事故、また、行楽期特有の高揚感に起因する重大事故の発生も懸念されることから、5月1日、国道56号上で同一時間帯に西予署側と大洲署側で検問を実施しました。
 検問には大洲警察署協議会の委員3名が視察に訪れ、現場の警察官を激励。「受傷事故防止に十分留意してください。」などと声を掛けられました。
 
☆春は観光によい季節のため、県外ナンバーの車両をよく見かけます。運転マナーを守って気持ちの良い交通社会を作りましょう。
 
 
平成30年4月27日(金)   内子交番に内子小学校4年生が見学に来てくれました。交番の会議室では、交番所長が警察の装備の説明や、110番の掛け方などを指導。 最近はプッシュフォンが主流だけど、みんな回転式ダイヤルを回して電話をしたことはあるのかな?
 駐車場では白バイ、パトカーの乗車体験をしましたが、搭載されている装備にみんな興味津々。「これは何?」、「どうやって使うの?」等子どもたちからたくさんの質問が飛び交っていました☆
平成30年4月17日(火)     大洲警察署で嘱託警察犬、通称クマちゃんの所有者に対し嘱託書を交付しました。交付式に出席いただいた「老人クラブ特寿会」のメンバーには、クマちゃんの臭気選別の模擬演技を見学してもらった後、交通講話、大洲署劇団OKBによる振り込め詐欺防止寸劇を鑑賞していただきました☆
 クマちゃんとOKBのこれからの活躍にご期待ください!
 
 
平成30年2月7日(水)   2月6日、7日の2日間で30センチを超える積雪となった大洲署管内では、市内でも朝から至る所で雪かきをしている姿を見かけました。大洲警察署でも、来署される方のため、署員総出で駐車場の雪かきです。
 今回は比較的雪に慣れている南予出身者でも驚くほど!朝晩は路面が凍結しています。こちらにお越しの際は、事故のないよう十分注意してください。
 
 
平成30年1月10日(水)  1月10日の「110番の日」に、管内の嘱託警察犬を一日警察署長に委嘱し、たいき直産市「愛たい菜」店舗出入り口付近において広報活動を行いました。愛らしい姿に立ち止まる利用客も多く、一日警察署長として立派に努めてくれました。

☆110番通報では、受理した警察官が必要なことを、順を追って聞いていきます。焦らず落ち着いて質問に答えましょう☆

 戻る