トップ総務室広報県民課音楽隊連載等>楽長の音楽レシピ

第4回「徒然」

<前回次回>

暑い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。

先日、南予のある町で防犯パレードを行いましたが、集合場所に到着してバスを降りた途端、すさまじい熱気に包まれ危うく倒れそうでした。(体感気温は35度を超えていました。)午後3時からのパレードですから一番暑い時間帯です。そのうえパレードコースはゆるやかな登りとなっており、かなり厳しい条件ではありました。

しかし、たとえ気温が40度を超えていようが、制服を着て県民の皆さんの前に出れば「暑い!」などと言ってはおれません。「このくらいの暑さなんて何でもない。」と自らに言い聞かせ、凛とした態度で行事をこなします。(実際はかなり暑いんです。)

隊員には熱中症予防で、水分を十分取っておくように指示しました。余剰人員はありませんから、一人欠けると自動的にその受け持ちパートは欠落状態となりますので、健康管理は基本中の基本です。(音楽隊員の代わりは誰もいませんから。)

そんな心配をよそにパレードは無事終了しましたが、今月はあと2回パレードが予定されていますので、「さらなる健康管理と体力錬成に励まなければ」と気持ちも新たに訓練に取り組む毎日です。

ところで皆さん、身体鍛えてますか?特にパーカッションの皆さん、筋力アップは音色に直結します。

音楽隊のパーカッションパートは、最近筋力アップに努めています。毎日欠かさず基本的な運動を重ねたお陰で、かなり逞しくなってきました。

筋力がアップすると、響きも大きくなり瞬発力や持久力もついてきます。またパーカッションは演奏中ほとんど立ちっぱなしですから、下半身の筋力を鍛えることも大切です。だからスクワットもメニューに入っています。

管楽器奏者も同様ですが、長く楽器を演奏し続けるためには、少なくとも体力の現状維持が必要です。音楽隊にも高齢化に波が押し寄せていますので、現状維持のための努力は大変なものです。年齢を重ねていくと共に体力は落ちてきますから、現状維持は体力の向上と同義語かもしれません。

吹奏楽は文化系サークルに分類されていますが、実は体育会系なのです。

<前回次回>

戻る

〒790-8573 愛媛県松山市南堀端町2番地2 アクセスマップ 代表電話:089(934)0110
Copyright(C)1996 Ehime Prefectural Police Department. All Rights Reserved.