トップ総務室広報県民課音楽隊連載等>楽長の音楽レシピ

第1回「音楽と料理」

<前回|<前ページ|次ページ>|次回>

Vol.1「豆腐丼」

豆腐丼
材料(4人前) 調味料等
木綿豆腐…1丁
ニラ…一束
合挽肉(牛豚)200グラム
ニンニク…1欠け
卵…1個
ごま油…大さじ2
塩…少々
砂糖…大さじ2〜3
味醂…大さじ2
醤油…大さじ2 1/2
昆布だし(顆粒でOK)1/2本

※ 豆腐は、粗くつぶしておく。
(大きめのボウルに入れ、スプーンやしゃもじ等を使いますが、気にしない人は手で握りつぶしましょう。)
※ ニラは、3cmくらいに切っておく。
※ ニンニクは薄切りにしておく。

調理手順

  1. 深めのフライパンか中華鍋にごま油をひき、温まればニンニクを入れ中火で焦がさない程度に炒める。
  2. ニンニクの香りが立ってきたら、ニラの硬い部分(根っこの方)と合挽肉を投入し、塩を少々振り炒める。
  3. 肉に8割方火が通れば、残りのニラを入れ炒める。
  4. ニラが軽くしんなりすれば、つぶした豆腐を入れ、昆布だしを投入、ざっくりと混ぜて弱火にする。
  5. 豆腐が沸々と踊り出したら砂糖・味醂・醤油を入れひと混ぜする。
    (ここで味を確認してください。ご飯にかけるので多少濃いめが好いかもしれませんね。)
  6. 豆腐の水分が出てくるので、溶き卵をまわしかけて混ぜる。
  7. 卵が固まったらできあがり。
    どんぶりにご飯をつぎ、熱々をかけて食す。
    キュウリの浅漬けがあれば最高!
注1
4人前ですが、食べて満足した人数で何人前か決まりますのでご注意ください。
注2
私は結構薄味好きです。
注3
勝手料理ですのでプロの味は期待しないでください。
注4
また、演奏にも好き嫌いがあるように料理も同様でありますのでよろしくお願いします。

調理時間は15分程度で手軽にできます。我が家では月に3回程度食卓を飾る定番丼になっています。興味ある方は一度ご賞味ください。

<前回|<前ページ|次ページ>|次回>

戻る

〒790-8573 愛媛県松山市南堀端町2番地2 アクセスマップ 代表電話:089(934)0110
Copyright(C)1996 Ehime Prefectural Police Department. All Rights Reserved.