トップ総務室広報県民課音楽隊連載等>ペン・リレー

バスクラリネット K隊員

<前回の記事へ次回の記事へ>

今回は、“特殊管”と言われるバスクラリネット吹きが担当します。

皆さん、バスクラリネットってご存知ですか?この楽器は普通のクラリネットの倍くらいの長さがあり、出る音も1オクターブ低く、また、床に楽器を固定して吹くため、普通の椅子で吹くことが難しいのです。ですから、どこの楽団でも座る高さが変えられるピアノ椅子に座って吹いていますので、バスクラリネットをお探しの際は、違う椅子に座っている人を探してみてください。

この楽器は、クラリネット属に属しており、いわゆる“笛”になります。
音を発する方法は、“リード”という木の板を振動させて音にします。
長さ約8cm、幅約1.5cmから1.8cm、厚さが5mmのちっちゃな部品となります。
このリードは1箱5枚入りで販売されていて、リード1枚がタバコ1箱の値段とほぼ同じです。結構な値段です。
そのリードがどれぐらい使えるのかと言うと、一回の演奏会で使えなくなることがあります。
そのため、大体の人は懐具合を勘案して自作を考えるのです。
斯く言う私も「プラモデル作りで鍛えた腕!」と自作してみました。

材料は“ケーン”という葦科の植物を使います。
これを乾燥させたものを海外から輸入します。
この時点で大体の人が挫折します。
わたしはそれを乗り越えケーンを入手しました。
入手の次に待っていた工程が、リードの大きさにカットし、削り込む作業です。
かまぼこ型に切り出したケーンをひたすら削る。練習の合間に削る。家で削る・・・。
厚さ5mmから、0.14mmまで削る地味な作業です。

リードの形になってきたら、試し吹きをしながら微調整し完成となります。
微調整にはコピー紙を使って擦って仕上げます。0.01mm単位の厚さ調整です。

このようにして完成するとやっぱり嬉しいもので、1枚1枚に名前まで付ける始末です。
そして、それぞれの特性を理解し、「これは、右先端がちょっと厚め」とか修正しながらリードを育てるのです。

ですが、いくら育てても別れがあります。
リードは消耗品なので振動しなくなると捨てることになります。出会いと別れはどの世界にもつきものなのですね。
でも、初めて作ったリードは今でも大切に持っています。

笛吹にとってリードは大切なもので、吹き手はリードの仕事を邪魔してはいけないのです。
吹き手がそれを邪魔すると、いい音が出なくなり、音楽に対して失礼なことになります。

「音楽に失礼なことはしない」「聞いていただく人にも失礼のない」ように、日々研鑽を積んでいます。








<前回の記事へ次回の記事へ>

戻る

〒790-8573 愛媛県松山市南堀端町2番地2 アクセスマップ 代表電話:089(934)0110
Copyright(C)1996 Ehime Prefectural Police Department. All Rights Reserved.