特殊詐欺情報

 詐欺メール注意報(12月27日)

 12月16日から12月22日までの間に詐欺に関する相談が110件寄せられ、架空請求詐欺の被害も発生しています。

 架空請求詐欺の中でも被害が多いのは、

 ●登録料金が未納。

 ●本日中に連絡がなければ、法的措置に移行。

とメールが届き、連絡をすると、電子マネーを買って番号を教えるように指示される手口です。

 犯人の中には、

 ●誤操作での登録なら、今日中に支払いをすれば、後日、返金される。

と言って支払いをするよう促してくる場合もあります。

 犯人の手口に惑わされないようにし、心当たりのないメールに対して、電話をすることは避けましょう。





<今回のポイント>

心当たりのないメールは詐欺を疑う!

愛媛県警察本部総務室広報県民課