交通死亡事故の発生

〇発生日時
 平成30年7月11日(水)午後11時43分頃
〇発生場所
 松山市勝山町1丁目7番地17先路上(国道11号)
〇天候
 晴
〇事故当事者
甲:県内在住の51歳男性。大型自動二輪(重傷)。
乙:県内在住の67歳男性。歩行者(死亡)。
〇事故内容
 甲が交差点を南進する際、右方から横断してきた乙と衝突したもの。
〜幹線道路で人対車両の死亡事故が発生!ドライバーも歩行者も確実な安全確認を!!〜
〇松山市内の国道11号において、死亡事故が発生しました。
〇平成30年7月12日現在、人対車両の死亡事故は10件発生し、事故形態は全て道路横断中の歩行者と車両が衝突する事故ですが、そのうち6件が現場付近に横断歩道が無い場所での事故となっています。
〇ドライバーは広い視野を持って運転し、特に夜間は安全確認が十分に行える速度にまで減速して進行しましょう。歩行者は道路横断時に横断歩道を横断するとともに、左右の安全確認を確実に行い、夜間外出の際は反射材を着用しましょう。
愛媛県警察本部総務室広報県民課