交通死亡事故の発生

〇発生日時
 平成30年3月3日(土)午後0時19分頃
〇発生場所
 松山市高木町422番地先路上(市道)
〇天候
 曇
〇事故当事者
甲:県内在住の33歳女性。普通乗用車(怪我なし)。
乙:県内在住の29歳女性。第一種原付(死亡)。
〇事故内容
 甲が見通しの悪い交差点を進行する際、右方から進行してきた乙と衝突したもの。
〜見通しの悪い交差点では徐行と安全確認を必ず行いましょう!〜
〇松山市高木町の一時停止標識が設置された交差点において、普通乗用車と第一種原動機付自転車が衝突する死亡事故が発生しました。
〇左右片方だけ見通しの悪い交差点では、見通しの良い進路を確認しただけで安全確認を終えた気になり、本来、より安全確認が必要である見通しが悪い進路の安全確認を怠り、速度を落とさないまま交差点に進入しがちです。
 見通しの悪い交差点では徐行又は一時停止し、左右の安全確認を行ってから交差点を進行しましょう。
〇一時停止標識がある場合は、停止線手前で確実に一時停止し、左右の安全確認をするのはもちろん、道路環境に応じて、交差道路手前で再度停止して、確実な左右の安全確認を行った上で交差点を進行しましょう。
愛媛県警察本部総務室広報県民課