交通死亡事故の発生

〇発生日時
 平成29年12月6日(水)午後8時29分頃
〇発生場所
 松山市内宮603番地1先路上(県道)
〇天候
 晴
〇事故当事者
甲:県内在住の64歳男性。普通乗用車(怪我なし)。
乙:県内在住の40歳女性。歩行者(死亡)。
〇事故内容
 甲が三差路交差点を右折する際、進路先横断歩道を同一方向に横断中の乙と衝突したもの。
〜死亡事故の約4割が交差点で発生!交差点では確実な安全確認を行いましょう!〜
〇松山市内の信号機の設置された三差路交差点において、右折中の普通乗用車と横断歩道横断中の歩行者が衝突する死亡事故が発生しました。
〇今年発生した死亡事故75件のうち、約4割に当たる29件が交差点で発生しています。
〇右折する際は、対向車両の有無を確認するだけでなく、進路先の横断歩道上はもちろん交差点付近の確認も確実に行い、歩行者等を認めた際は無理な右折をすることなく、歩行者が横断し終えるのを待ちましょう。

愛媛県警察本部総務室広報県民課