交通死亡事故の発生

〇発生日時
 平成29年11月29日(水)午前3時30分頃
〇発生場所
 四国中央市川之江町1495番地3先路上(県道)
〇天候
 曇
〇事故当事者
甲:県内在住の62歳男性。中型貨物車(死亡)。
  :県内在住の45歳男性。甲車両の同乗者(軽傷)。
〇事故内容
 甲が急な左カーブにおいて、路外逸脱し、車体前部が海中に転落したもの。
〜交通死亡事故多発緊急事態宣言が発令!
〇四国中央市内において、中型貨物車が海中に転落する自損死亡事故が発生しました。
〇11月21日から29日までの9日間で5件の死亡事故が発生したことを受け、交通安全県民総ぐるみ運動愛媛県本部から「交通死亡事故多発緊急事態宣言」が発令されました。
〇5件の死亡事故の傾向としては、“直進車両と横断中の歩行者・自転車が衝突する事故”が2件、“自車進路から逸脱し衝突・転落する事故”が3件発生(うち1件は前車に追突の後、外壁に衝突。)しています。
〇特に、横断中の事故は2件とも夕暮れ時の17時台に発生しています。夕暮れ時の運転では、「早めのライト点灯」及び「前照灯のこまめな切り替え」を徹底するとともに、歩行者の皆さんも明るい色の服装や反射材を着用し、事故に遭わない・事故を起こさないようにしましょう!

愛媛県警察本部総務室広報県民課