○愛媛県公安委員会審査請求手続規則

平成28年3月18日

公安委員会規則第1号

愛媛県公安委員会審査請求手続規則 

愛媛県警察行政不服審査手続に関する規則(平成14年愛媛県公安委員会規則第6号)の全部を改正する。

目次

第1章 総則(第1条・第2条)

第2章 審査請求に関する一般的手続(第3条―第29条)

第3章 愛媛県情報公開条例等に関する審査請求に関する手続(第30条)

第4章 専決(第31条)

第5章 補則(第32条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この規則は、公安委員会に対する審査請求に関し必要な事項を定めるものとする。

(用語)

第2条 この規則で使用する用語は、行政不服審査法(平成26年法律第68号。以下「法」という。)で使用する用語の例による。

第2章 審査請求に関する一般的手続

(審査請求書の提出)

第3条 法第19条第1項の規定による審査請求は、処分についての審査請求書(様式第1号)、不作為についての審査請求書(様式第2号)その他の同条(第1項を除く。)に規定する事項を記載した審査請求書を提出してしなければならない。

(審理官)

第4条 警察本部長は、公安委員会に対して審査請求がされたときは、法に規定する審査庁としての公安委員会が行う審理に関する事務を補佐させるため、審理に関する事務(法第9条第1項本文に規定する審理手続を行う者の事務をいう。第31条第2項において同じ。)を行うについて必要な知識経験を有し、かつ、公正な判断をすることができると認められる警察本部の職員のうちから審理官を指名するとともに、その旨を審査請求人及び処分庁等(公安委員会以外の処分庁等に限る。)に対し書面により通知するものとする。ただし、法第24条の規定により当該審査請求を却下する場合は、この限りでない。

2 警察本部長は、前項の規定により2人以上の審理官を指名する場合には、そのうち1人を、当該2人以上の審理官が行う事務を総括する者(第31条第2項において「総括審理官」という。)として指定するものとする。

3 警察本部長が第1項の規定により指名する者は、次に掲げる者以外の者でなければならない。

(1) 審査請求に係る処分に関与した者又は審査請求に係る不作為に係る処分に関与し、若しくは関与することとなる者

(2) 審査請求人

(3) 審査請求人の配偶者、四親等内の親族又は同居の親族

(4) 審査請求人の代理人

(5) 前2号に掲げる者であった者

(6) 審査請求人の後見人、後見監督人、保佐人、保佐監督人、補助人又は補助監督人

(7) 利害関係人

4 警察本部長は、審理官が前項各号に掲げる者のいずれかに該当することとなったときは、当該審理官に係る第1項の規定による指名を取り消さなければならない。

5 審理官は、法の規定による裁決がなされるに熟したと認めるときは、速やかに審理経過調書を作成し、これを公安委員会に提出して審理の状況を報告しなければならない。

(物件の提出の方法)

第5条 法、行政不服審査法施行令(平成27年政令第391号。第24条第4項及び第5項において「令」という。)及びこの規則の規定による公安委員会への書類その他の物件の提出は、警察本部を経由して行うものとする。

(総代の互選の命令の方式等)

第6条 法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第11条第2項の規定による総代の互選の命令は、書面により行うものとする。

2 公安委員会は、総代が選任され、又は解任されたときは、参加人及び処分庁等(処分庁等が公安委員会である場合にあっては、参加人。第11条第1項及び第28条第2項において同じ。)に対し、書面によりその旨を通知するものとする。

(参加の許可の通知等)

第7条 公安委員会は、法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第13条第1項の許可をし、又はしないこととしたときは、当該許可の申請をした利害関係人に対し、書面によりその旨を通知するものとする。

2 法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第13条第2項の規定による参加の要求は、書面により行うものとする。

3 公安委員会は、利害関係人が新たに参加人となったとき又は参加人が審査請求への参加を取り下げたときは、他の審理関係人(処分庁等が公安委員会である場合にあっては、審査請求人及び他の参加人)に対し、書面によりその旨を通知するものとする。

(補正の命令の方式)

第8条 法第23条の規定による補正の命令は、書面により行うものとする。

(執行停止についての処分庁の意見の聴取の方式等)

第9条 公安委員会は、法第25条第2項の規定による執行停止をしたときは、審査請求人、参加人及び処分庁(処分庁が公安委員会である場合にあっては、審査請求人及び参加人。次条において同じ。)に対し、書面によりその旨を通知するものとする。法第25条第2項の申立てが行われた場合において、同項の規定による執行停止をしないこととしたときも、同様とする。

(執行停止の取消しの通知)

第10条 公安委員会は、法第26条の規定により執行停止を取り消したときは、審査請求人、参加人及び処分庁に対し、書面によりその旨を通知するものとする。

(審査請求の取下げの通知等)

第11条 公安委員会は、法第27条の規定による審査請求の取下げがあったときは、参加人及び処分庁等に対し、書面によりその旨を通知するものとする。

2 公安委員会は、前項に規定する審査請求の取下げがあったときは、法第32条第1項若しくは第2項又は法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第33条の規定により提出された書類その他の物件をその提出人に返還しなければならない。この場合において、当該書類その他の物件の返還は、還付請書(様式第3号)と引換えに行わなければならない。

(処分庁等に対する弁明書の提出の要求の方式)

第12条 法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第29条第2項の規定による弁明書の提出の要求は、書面により行うものとする。

(反論書等を提出すべき期間の通知)

第13条 公安委員会は、法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第30条第1項又は第2項に規定する相当の期間を定めたときは、審査請求人又は参加人に対し、書面によりその旨を通知するものとする。

(意見の陳述の機会供与の通知の方式等)

第14条 法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第31条第2項の規定による口頭意見陳述の期日及び場所の指定並びに審理関係人(処分庁等が公安委員会である場合にあっては、審査請求人及び参加人。以下同じ。)の招集は、書面により行うものとする。

2 公安委員会は、法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第31条第1項の規定による意見の陳述を聴取したときは、次に掲げる事項を記載した口頭意見陳述録取書を作成するものとする。

(1) 事案の件名

(2) 意見の陳述の日時及び場所

(3) 意見の陳述をした者の氏名及び住所

(4) 意見の陳述の要旨

(補佐人同伴の許可の通知)

第15条 公安委員会は、法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第31条第3項の許可をし、又はしないこととしたときは、申立人に対し、書面によりその旨を通知するものとする。

(証拠書類等を提出すべき期間の通知)

第16条 公安委員会は、法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第32条第3項に規定する相当の期間を定めたときは、審理関係人に対し、書面によりその旨を通知するものとする。

(物件の提出の通知等)

第17条 公安委員会は、法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第33条の申立てが行われた場合において、同条の規定による物件の提出の要求をし、又はしないこととしたときは、当該申立てをした者に対し、書面によりその旨を通知するものとする。ただし、当該申立てが法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第31条第1項の規定による意見の聴取又は法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第37条第1項の規定による意見の聴取の場において行われる場合であって、その場において当該要求をし、又はしないこととしたときは、この限りでない。

2 法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第33条の規定による物件の提出の要求は、書面により行うものとする。

(証拠書類等の管理)

第18条 公安委員会は、法第32条第1項若しくは第2項又は法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第33条の規定による書類その他の物件の提出を受けたときは、次に掲げる事項を記載した提出物目録(様式第4号)を作成しなければならない。

(1) 事案の件名

(2) 提出を受けた年月日

(3) 提出人の氏名及び住所

(4) 提出を受けた書類その他の物件の種目

2 公安委員会は、前項の提出物目録を作成したときは、その写しを当該提出物目録に係る書類その他の物件の提出人に交付しなければならない。

3 公安委員会は、必要がなくなったときは、速やかに、提出を受けた書類その他の物件をその提出人に返還しなければならない。

4 第11条第2項後段の規定は、前項の規定による返還について準用する。

(証拠書類等の提出に係る審理関係人に対する通知)

第19条 公安委員会は、法第32条第1項若しくは第2項又は法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第33条の規定による書類その他の物件の提出を受けたときは、その提出人以外の審理関係人に対し、書面によりその旨を通知するものとする。

(参考人の陳述の通知等)

第20条 公安委員会は、法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第34条の申立てが行われた場合において、同条の規定による参考人の陳述又は鑑定の要求をし、又はしないこととしたときは、当該申立てをした者に対し、書面によりその旨を通知するものとする。

2 法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第34条の規定による参考人の陳述又は鑑定の要求は、書面により行うものとする。

3 第17条第1項ただし書の規定は第1項の規定による通知について、第14条第2項の規定は口頭による法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第34条の規定による参考人の陳述について、それぞれ準用する。

(検証の通知等)

第21条 公安委員会は、法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第35条第1項の申立てが行われた場合において、同項の規定による検証をし、又はしないこととしたときは、当該申立てをした者に対し、書面によりその旨を通知するものとする。

2 法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第35条第2項の規定による通知は、書面により行うものとする。

3 公安委員会は、法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第35条第1項の規定による検証をしたときは、次に掲げる事項を記載した検証調書を作成するものとする。

(1) 事案の件名

(2) 検証の日時及び場所

(3) 立会人の氏名及び住所

(4) 検証の結果

4 第17条第1項ただし書の規定は、第1項の規定による通知について準用する。

(質問の通知等)

第22条 公安委員会は、法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第36条の申立てが行われた場合において、同条の規定による質問をし、又はしないこととしたときは、当該申立てをした者に対し、書面によりその旨を通知するものとする。

2 公安委員会は、法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第36条の規定による質問をしようとする場合において、必要があると認めるときは、質問を受けるべき者に対し、書面によりその期日、場所その他必要な事項を通知するものとする。

3 第17条第1項ただし書の規定は第1項の規定による通知について、第14条第2項の規定は口頭による法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第36条の規定による質問について、それぞれ準用する。

(意見の聴取の通知等)

第23条 公安委員会は、法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第37条第1項の規定により審理関係人を招集しようとするときは、審理関係人に対し、書面によりその期日、場所その他必要な事項を通知するものとする。

2 法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第37条第3項の規定による通知は、書面により行うものとする。

3 第14条第2項の規定は、法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第37条第1項又は第2項の規定による意見の聴取について準用する。

(提出書類等の閲覧又は交付)

第24条 法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第38条第2項の規定による提出人の意見の聴取は、書面により行うものとする。

2 法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第38条第3項の規定による指定は、提出書類閲覧日時等指定書(様式第5号)を送付して行うものとする。

3 法第38条第6項の規定により読み替えて適用する同条第4項の規定による手数料は、愛媛県手数料条例(平成12年愛媛県条例第3号)別表6の表65の項に掲げる手数料を愛媛県証紙により納付するものとする。

4 令第12条第2項の規定により公安委員会が定める書類は、手数料納付書(様式第6号)のとおりとする。

5 令第14条第2項の規定により読み替えて適用する同条第1項の規定による送付に要する費用は、郵便切手により納付するものとする。

(手続の併合又は分離の通知)

第25条 公安委員会は、法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第39条の規定により数個の審査請求に係る審理手続を併合し、又は併合された数個の審査請求に係る審理手続を分離したときは、審理関係人に対し、書面によりその旨を通知するものとする。

(審理手続の終結の通知の方式)

第26条 法第9条第3項の規定により読み替えて適用する法第41条第3項の規定による審理手続を終結した旨の通知は、書面により行うものとする。

(裁決書)

第27条 法第9条第3項により読み替えて適用する法第50条第1項の規定による裁決は、裁決書(様式第7号)によりしなければならない。

(裁決書の謄本の送達の方式等)

第28条 法第51条第2項又は第4項の規定による裁決書の謄本の送付は、当該謄本に裁決書謄本送付書を付して行うものとする。

2 公安委員会は、法第51条第2項ただし書の規定による公示の方法による裁決の送達をしたときは、参加人及び処分庁等に対し、書面によりその旨を通知するものとする。

(証拠書類等の返還に関する規定の準用)

第29条 第11条第2項後段の規定は、法第53条の規定による返還について準用する。

第3章 愛媛県情報公開条例等に関する審査請求に関する手続

(審理官に関する規定の適用除外等)

第30条 愛媛県情報公開条例(平成10年愛媛県条例第27号)第18条の2に規定する審査請求及び愛媛県個人情報保護条例(平成13年愛媛県条例第41号)第43条の2に規定する審査請求(次項において「愛媛県情報公開条例等に関する審査請求」という。)については、第4条第11条第2項第12条から第26条まで、前条並びに第31条第2項(審理官の専決に係る規定に限る。)及び第3項(審理官の報告に係る規定に限る。)の規定は、適用しない。

2 愛媛県情報公開条例等に関する審査請求についての第2章の規定の適用については、第6条第1項中「法第9条第3項」とあるのは「行政機関の保有する情報の公開に関する法律(平成11年法律第42号。以下「行政機関情報公開法」という。)第18条第2項又は行政機関の保有する個人情報の保護に関する法律(平成15年法律第58号。以下「行政機関個人情報保護法」という。)第42条第2項」と、第7条第1項及び第2項中「法第9条第3項」とあるのは「行政機関情報公開法第18条第2項又は行政機関個人情報保護法第42条第2項」と、第27条中「法第9条第3項」とあるのは「行政機関情報公開法第18条第2項又は行政機関個人情報保護法第42条第2項」とする。

第4章 専決

(警察本部長、審理官及び監察官室長の専決事項)

第31条 公安委員会に対する審査請求に関する事務のうち、次の各号に掲げるもの以外のものについては、警察本部長において専決することができる。

(1) 法第25条第2項の規定による処分の執行停止

(2) 法第26条の規定による処分の執行停止の取消し

(3) 法第45条、第46条(第3項及び第4項を除く。)、第47条及び第49条(第4項及び第5項を除く。)の規定による審査請求の裁決その他の措置

(4) 法第51条第2項ただし書の規定による公示の方法による裁決の送達

2 前項の規定にかかわらず、同項に規定する警察本部長が専決することができる事務のうち、審理に関する事務にあっては審理官(第4条第2項の規定により総括審理官が指名された場合にあっては、当該総括審理官。次項において同じ。)、次の各号に掲げるものにあっては警務部監察官室長(次項において「監察官室長」という。)において専決することができる。

(1) 法第23条の規定による補正命令

(2) 法第51条第2項の規定による裁決書の謄本の送付

3 警察本部長、審理官及び監察官室長は、前2項の専決を行った後、その内容を公安委員会に報告するものとする。

第5章 補則

(補則)

第32条 この規則に定めるもののほか、公安委員会に対する審査請求に関し必要な事項は、警察本部長が定める。

附 則

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

2 公安委員会及び警察本部長、警察署長その他の警察官の処分又は不作為についての不服申立てであって、法の施行前にされた処分又は法の施行前にされた申請に係る不作為については、なお従前の例による。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

愛媛県公安委員会審査請求手続規則

平成28年3月18日 公安委員会規則第1号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第3編 務/第2章 察/第2節
沿革情報
平成28年3月18日 公安委員会規則第1号