○認知機能検査員講習の実施に関する規則

平成21年5月1日

公安委員会規則第5号

認知機能検査員講習の実施に関する規則

(趣旨)

第1条 この規則は、道路交通法(昭和35年法律第105号)第97条の2第1項第3号イ、第101条の4第2項又は第101条の7第1項の規定に基づく認知機能検査(以下「認知機能検査」という。)の実施に必要な技能及び知識に関する講習(以下「認知機能検査員講習」という。)の実施に関し、必要な事項を定めるものとする。

(認知機能検査員講習を行う場所)

第2条 認知機能検査員講習は、警察本部交通部運転免許課において行うものとする。

(認知機能検査員講習の項目等)

第3条 認知機能検査員講習の項目、内容及び時間は、次の表のとおりとする。

項目

内容

時間

高齢者と認知症の実態及び基礎理論

1 認知症の実態と認知症に関する基礎理論

2 認知症の症状と対応方法

90分

高齢運転者対策の概要

1 高齢者の交通事故の現状

2 認知機能検査の導入

3 認知機能検査の結果に基づく高齢者講習・免許証の更新手続

4 認知症のおそれがある者に対する臨時適性検査の実施

5 申請による免許取消し

6 高齢運転者標識

60分

認知機能検査の実施方法

1 認知機能検査の実施方法

2 検査結果の採点方法

3 検査結果の伝達方法

4 認知機能検査の模擬実施

180分

(認知機能検査員講習の受講申請)

第4条 認知機能検査員講習を受講しようとする者は、公安委員会に申請しなければならない。

(終了証の交付)

第5条 公安委員会は、認知機能検査員講習を受講した者に対し、終了証(別記様式)を交付するものとする。

(補則)

第6条 この規則に定めるもののほか、認知機能検査員講習の実施に関し必要な事項は、警察本部長が定める。

附 則

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 この規則の公布の日から平成21年5月31日までの間は、第1条中「道路交通法」とあるのは、「道路交通法の一部を改正する法律(平成19年法律第90号)による改正後の道路交通法」とする。

附 則(平成22年5月21日公安委員会規則第6号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成29年3月10日公安委員会規則第1号)

この規則は、平成29年3月12日から施行する。

画像

認知機能検査員講習の実施に関する規則

平成21年5月1日 公安委員会規則第5号

(平成29年3月12日施行)

体系情報
第6編 通/第4章 運転免許/第1節 免許管理
沿革情報
平成21年5月1日 公安委員会規則第5号
平成22年5月21日 公安委員会規則第6号
平成29年3月10日 公安委員会規則第1号