○子ども・女性安全対策室組織及び運営規程

平成21年3月27日

本部訓令第15号

子ども・女性安全対策室組織及び運営規程

(趣旨)

第1条 この訓令は、愛媛県警察組織規則(平成17年公安委員会規則第3号)第78条の規定に基づき、子ども・女性安全対策室(以下「対策室」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(任務)

第2条 対策室は、次に掲げる事務を行うことを任務とする。

(1) 子どもの生命又は身体を害する犯罪及び女性に対する性的犯罪(犯罪手口資料取扱規則(昭和57年国家公安委員会規則第1号)第3条第8号に規定する性的犯罪をいう。)の前兆とみられる声かけ、つきまとい等について行為者を特定し、検挙又は指導・警告措置を講じる活動(以下「先制・予防的活動」という。)に関すること。

(2) 先制・予防的活動を行うために必要な情報の収集及び分析に関すること。

(3) その他子どもと女性を犯罪等の被害から守るための施策の実施に関すること。

(組織)

第3条 対策室の組織は、別表のとおりとする。

(派遣要請及び派遣)

第4条 署長は、先制・予防的活動を行うために必要があると認めるときは、生活安全企画課長を経由して本部長に対策室の職員(以下「対策室員」という。)の派遣を要請することができる。

2 本部長は、前項の規定による要請を受け、必要があると認めたときは、対策室員を派遣するものとする。

(連絡協調)

第5条 子ども・女性安全対策室長は、第2条各号の事務を円滑に処理するため、各所属長及び関係機関・団体と緊密な連絡協調を図るものとする。

(補則)

第6条 この訓令に定めるもののほか、対策室の運用に関し必要な事項は、生活安全企画課長が定める。

附 則

この訓令は、平成21年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

画像

子ども・女性安全対策室組織及び運営規程

平成21年3月27日 本部訓令第15号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第4編 生活安全/第1章 生活安全企画/第1節 生活安全企画
沿革情報
平成21年3月27日 本部訓令第15号