○知事の補助執行の事務に係る文書の取扱いについて

平成15年3月25日

例規/警第14号/会第14号/本部長

各所属長

会計事務、公益法人の監督事務その他補助執行の事務に係る知事あて及び知事名義の文書の収発等については、平成15年4月1日から下記により取り扱うこととしたので、適正な事務処理に努められたい。

1 文書の収発

(1) 知事あての文書の収受及び知事名義の文書の発出に当たっては、愛媛県文書管理規程(平成4年愛媛県訓令第1号)の規定に基づき、文書処理簿に必要事項を記入するものとする。

(2) 知事名義の文書に付する文書記号は、文書番号に「会計年度に相当する数字」、「警察本部」及び「主管課の略称」を冠し、「15警察本部会第○号」等と表示するものとする。ただし、愛媛県指令書にあっては、「愛媛県指令15警察本部会第○号」等と表示する。

2 知事公印の使用

知事公印を使用する場合は、愛媛県公印規程(昭和34年愛媛県訓令第8号)第12条第5項の規定により公印使用簿を用いなければならない。

3 簿冊の管理

文書処理簿及び公印使用簿は、警務課法令審査担当係において管理し、使用の都度、貸し出すものとする。

4 留意事項

補助執行の事務は、基本的に知事部局が定めた規程に基づいて処理することとされているので、規程の適用を誤らないこと。

知事の補助執行の事務に係る文書の取扱いについて

平成15年3月25日 例規会第14号/例規警第14号

(平成15年4月1日施行)

体系情報
第3編 務/第1章 務/第17節 その他
沿革情報
平成15年3月25日 例規会第14号/例規警第14号