○警察本部本庁舎の受付及び庁舎警備について

昭和63年9月26日

例規警第19号本部長

各所属長

警察本部庁舎の新築移転に伴い、警察本部本庁舎(以下「庁舎」という。)の官執勤務時間内における適正な市民応接及び庁舎警備の万全を期するため、昭和63年10月14日から下記により庁舎の受付及び庁舎警備を実施することとしたので、適正な運用に努められたい。

1 受付員及び庁舎警備員

(1) 官執勤務時間内における庁舎の受付案内及び庁舎警備業務を処理するため、次表に掲げる勤務場所に受付員及び庁舎警備員を配置し、勤務させるものとする。

勤務員の種別

勤務場所

受付員

受付

庁舎警備員

正面玄関出入口

南側出入口(警備員控室を含む。)

(2) 受付員及び庁舎警備員(以下「勤務員」という。)は、庁舎に勤務する職員をもって充てる。

2 勤務員の服装

(1) 警察官は制服、制帽、制服用ワイシャツ、ネクタイ及び靴を着用し、並びに帯革及び警棒を着装するものとし、警察官以外の職員は私服とする。

(2) 庁舎警備員は、警備腕章を着用しなければならない。

3 勤務要領

(1) 受付員

ア 受付員は、一般来庁者に対して用件を確認した後、来庁者名簿(様式1)への記載を求め、別に定める業者入庁証を着装している者を除き、別に定める胸章を交付(退庁時に回収)し、必要な案内を行うものとする。ただし、受付での応接にあっては、この限りでない。

イ 午前8時30分から勤務に服する受付員は、就勤前に警務課長から勤務員名簿(様式2)を受け取り、勤務に服さなければならない。

ウ その日の最終受付員は、勤務終了後、勤務員名簿を警務課長に提出するとともに、回収されていない胸章の交付状況を当直員に引き継がなければならない。

(2) 庁舎警備員

ア 正面玄関出入口に勤務する庁舎警備員は、正面玄関出入口において立番警戒を行うとともに、その周辺の警戒警備を行うものとする。

イ 南側出入口に勤務する庁舎警備員(以下「南側庁舎警備員」という。)は、南側出入口周辺の庁舎警備を行うとともに、地下1階外来者駐車場を利用する者(業者入庁証及び地下駐車場利用許可証(様式3。以下「許可証」という。)を携帯している者に限る。)に対して用件を確認した後、運転者に駐車場利用簿(様式4)への記載を求め、警務課長が定める駐車場カードを交付(退庁時に回収)し、必要な案内を行うものとする。

なお、同乗者(胸章の着装除外者を除く。)に対しては、受付において入庁手続をとるよう教示しなければならない。

4 勤務員名簿の記載

勤務員名簿は、受付に備え付け、受付及び庁舎警備勤務に従事する者は、就勤前にこの名簿に所定事項を記入しなければならない。

5 来庁者名簿及び駐車場利用簿の管理

(1) 来庁者名簿は、受付に常時備え付け、警務課長が管理するものとする。

(2) 駐車場利用簿は、警備員控室に常時備え付け、警務課長が管理するものとする。

6 許可証の管理

(1) 許可証は、警務課長が総括管理する。

(2) 許可証は、貸与者の要求により警務課長が配分するものとする。

(3) 警務課長は、許可証の配分状況を地下駐車場利用許可証管理簿(様式5)に記入して明確にしなければならない。

(4) 貸与者は、許可証の貸与状況を地下駐車場利用許可証貸与簿(様式6)に記入して明確にしなければならない。

7 許可証の貸与

(1) 許可証は、主管課長が貸与し、年度ごとに更新するものとする。

(2) 主管課長は、許可証を貸与するときは、次の事項を被貸与者に説明し、遵守させなければならない。

ア 地下1階外来者駐車場を利用するときは、その都度南側庁舎警備員に業者入庁証及び許可証を提示し、入場手続をとること。

イ 貸与された許可証の遺紛失、破損又は汚損により、許可証の再貸与を受けたいときは、届け出ること。

なお、許可証の破損又は汚損の場合は、当該許可証を添えること。

ウ 庁舎に出入りする必要がなくなったときは、直ちに、貸与された許可証を返納すること。

エ 許可証を他の者に貸与しないこと。

(3) 主管課長は、許可証を貸与し、再貸与し、又は更新しようとするときは、地下駐車場利用許可証配分申請書(様式7)を警務課長に提出し、許可証の配分を受けなければならない。

(4) 主管課長は、被貸与者から許可証が返納(破損及び汚損によるものを除く。)されたときは、速やかに、地下駐車場利用許可証返納書(様式8)に受理した許可証を添えて警務課長に提出しなければならない。

8 実施細則

受付及び庁舎警備勤務の実施に関する細目的事項は、警務課長が定める。

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

警察本部本庁舎の受付及び庁舎警備について

昭和63年9月26日 例規警第19号

(平成21年3月1日施行)

体系情報
第3編 務/第1章 務/第5節
沿革情報
昭和63年9月 例規警第23号
昭和63年9月26日 例規警第19号
昭和63年10月 例規警第27号
平成元年3月 例規情管第14号
平成6年3月 例規警第6号
平成6年10月 例規警第35号
平成20年3月 例規警第390号
平成20年9月 例規警第1187号
平成21年3月 例規警第480号