トップ各警察署今治警察署生活安全課>有害サイトから青少年をまもるために

  青少年が安心してインターネットを利用できる環境の整備等に関する法律

インターネットは便利なものですが、一方で子供たちが出会い系サイトやアダルトサイト、自殺方法に関するサイト等の有害情報が含まれるサイトに簡単にアクセスできてしまったり個人情報を書き込んでトラブルになる危険性があります。
 このようなサイトから発生する事件やトラブルが年々多く発生しています。
 この法律は、子供たちが安全に安心してインターネットを利用できるようにすることを目的として、

  • @ 青少年にインターネットを適切に活用する能力を習得させる
  • A フィルタリングの普及促進などにより青少年の有害情報の閲覧機会を最小化させる
  • B 民間の関係者の自主的・主体的な取り組みを政府が支援すること

を基本として、インターネット関係事業者に義務などを課すと共に、保護者や、インターネット利用者みんなで、子供たちを有害情報から守る取り組みを求めています。
この法律は、平成21年4月1日から施行されています。


 保護者としてしなければならないこと

  • 子供がインターネット上の有害情報の悪影響を受けないように、フィルタリングソフトやサービスなどの活用を検討しましょう。
  • 18歳未満の子どものために携帯電話やPHS端末を購入、使用させる場合は、保護者がその旨を事業者に申し出ましょう。
  • インターネットの利用に関する判断基準は子どもの成長に伴って変わっていくため、保護者はインターネットの利用のルールを決めて、しっかり見守ることが大切です。

インターネット事業者の義務

  • 18歳未満の子どもが携帯電話やPHSでインターネットを利用する場合には、事業者はフィルタリングを提供する。(保護者の申し出があれば解除できます)
  • 契約数5万件以上のインターネット接続事業者、利用者からの問い合わせに応じて、フィルタリングを提供したり、提供・販売するサイトを紹介する。
  • インターネット接続ができる機器を製造する事業者は、フィルタリングを利用しやすくして提供する。

特定サーバ管理者の努力義務

  • 自分のウェブサイトや自社のサーバーにより有害な情報発信があった場合、子どもが閲覧できないような措置をとる
  • 保護者などからの問い合わせを受け付けるための窓口を整備する

Q&A

フィルタリングってなに?

 インターネット上の子どもたちに見せたくない出会い系サイトやアダルトサイト等、有害情報が含まれるサイトを画面に表示しないように制限する便利な機能です。
 しかし、フィルタリングは万能ではありません。そのため、親子でフィルタリングの特徴や機能を正しく理解して、インターネットの利用ルールについて一緒に考えて行くことが大事です。

フィルタリングにはどういうものがあるの?

 
 次の3つの方式があります。



  • ホワイトリスト方式
    子どもにとって安全と思われるサイトのみアクセスでき、それ以外のサイトへはアクセスを制限する方式

  • ブラックリスト方式
    出会い系サイトやアダルトサイトなど、子どもにとって有害な特定カテゴリのサイトへのアクセスを制限する方式

  • 利用時間制限
    子どもが一人で夜中にアクセスできないよう、夜間から早朝にかけてすべてのサイトへのアクセスを停止させる方法