■ 振り込め詐欺発生状況

 【振り込め詐欺予防策のポイント】
    身に覚えのない請求は無視しましょう。(架空請求詐欺)

    発送元が裁判所になっているときは、発送元の裁判所の連絡先を調べて確認しましょう。

    記載されている電話番号に絶対に問い合わせしてはいけません!メールの返信もして
   はいけません。あなたの氏名、連絡先などあなたに関する情報をこれ以上詐欺グループに
   知らせてはいけません。

    実在する会社の名前を使って安心させようとしています。正規の信販会社や貸金業の
   会社が融資をするにあたって借主からお金を送金させることはありません。どんな口実
   でも「お金を振り込んで」とか「ゆうパック(エクスパック)で送って」などと言われたらそれは
   詐欺です。すぐに電話を切りましょう。

    県内全域に不審なハガキが送り付けられています。ハガキの主な内容は「総合消費料金
    に関する訴訟最終通知
」、差出人は「法務省」や「民間訴訟〇〇センター」等で、直近の取り
    下げ期日等が記載されているほか、「最終通知」「裁判」「差し押さえ」という言葉が記載され
    ており、これはハガキを受け取った方の不安や焦りをあおるための犯人の手口です。
     また、内容を確認しようとハガキに記載されている連絡先に連絡すると、電話の相手から、
    「弁護士を紹介する。」「訴訟取り下げ費用が必要。」などと言われ、支払いを要求されますが、
    それは詐欺ですので注意しましょう。


TOP